【2017年版】社長の住む街 ランキング と 住みたい街 ランキング 比較 してみた結果

【2017年版】社長の住む街 ランキング と 住みたい街 ランキング 比較 してみた結果

東京商工リサーチの調べによると、2017年版 社長の住む街 社長数 トップは、2014年の調査と同様に東京都 「 港区赤坂 」と発表がありました。

日テレの「 月曜から夜ふかし 」の中でも取り上げられており、マツコさんと村上さんは「港区東麻布」、「港区南麻布」と回答されましたが(うろ覚えなので間違っているかもしれません。。)、「港区赤坂」が1位という結果に。

過去の 社長の住む街 と SUUMOが発表している 住みたい街ランキング と比較してみました。

2017年版 社長の住む街 ランキング 10

以下は東京商工リサーチの企業データベース約297万社の代表者データ(個人企業を含む)から、社長の居住地を抽出したランキングを元に、2017年版 社長の住む街 ランキング 10を作成したものとなります。

なお、大企業から個人企業まで含まれるため、会社規模に関してはまちまちです。

参考 : 東京商工リサーチ 2017年全国「社長の住む街」調査
東京商工リサーチ 2014年全国「社長の住む街」調査

2017年 2014年 都道府県 市区町村 人数
1 1 東京都 港区赤坂 2,488
2 3 東京都 新宿区西新宿 2,132
3 5 東京都 港区六本木 2,052
4 2 東京都 渋谷区代々木 2,041
5 4 東京都 港区南青山 1,981
6 6 東京都 港区高輪 1,880
7 8 東京都 新宿区新宿 1,755
8 10 東京都 港区三田 1,741
9 9 東京都 江東区亀戸 1,700
10 11 東京都 渋谷区広尾 1,682

前回が2014年度の発表だったため、2017年度と比較して見たところ「港区赤坂」が引き続きの1位という結果となりました。

1位から10位までの顔ぶれは2014年度と比較してみてもほぼ変わらない結果となりましたが、特に目を引くのが9位の「江東区亀戸」です。

「江東区亀戸」は前回も9位に入っており、偶然ではなく常連と言えるでしょう。

他が都心部西エリアに集中しているのと比べても、東京都東エリアの注目地域と呼べるのではないでしょうか。

2003年版 社長の住む街 ランキング 10

2017年と2014年ではあまり違いが見られませんでしたので、さらに遡って2003年版の社長の住む街ランキングと比べてみたいと思います。

参考 : 東京商工リサーチ 2003年全国「社長の住む街」調査

2003年 2017年 都道府県 市区町村 人数
1 10位外 東京都 大田区田園調布 532
1 10位外 東京都 世田谷区成城 532
3 10位外 東京都 練馬区大泉町 495
4 5 東京都 港区南青山 482
5 4 東京都 江東区亀戸 454
6 10位外 茨城県 神栖市神栖町 451
7 10位外 東京都 世田谷区奥沢 447
8 10位外 山梨県 竜王町 443
9 10位外 広島県 府中町 428
9 10位外 東京都 江東区大島 428

2014年とは違いがみられませんでしたが、さらに10年以上前の2003年のランキングを見ると大きな違いがあることが見て取れます。

2017年に10位以内に入っているのは、「港区南青山」と「江東区亀戸」だけでした。

「江東区亀戸」はおそるべし潜在能力がありそうです。亀戸は中小企業の社長が多い地区で、職場・工場・住居が一体になった会社が多いことからランキング入りしていると言えるでしょう。

当時は都心部における高層マンションが現在と比べて少なく、東京商工リサーチが網羅している社長の母数も少なかったことから違いが出ていると考えられます。

2017年版 社長の住む街 ランキング 市区群 10

【2017年版】社長の住む街 ランキング 市区群

続いては社長の住む街 ランキング 市区群 別に見ていきましょう。トップ10は全て人口が多い東京都という結果になりました。

参考 : 東京商工リサーチ 2017年全国「社長の住む街」調査

2017年 2014年 市区群 社長数 人口 社長比率
1 1 世田谷区 38,705 892,535 4.34%
2 2 港区 25,082 249,242 10.06%
3 3 大田区 21,981 717,295 3.06%
4 4 練馬区 21,108 723,711 2.92%
5 6 新宿区 19,601 338,488 5.79%
6 7 渋谷区 19,303 222,278 8.68%
7 5 杉並区 18,978 558,950 3.40%
8 8 江戸川区 17,380 691,514 2.51%
9 9 足立区 17,054 681,281 2.50%
10 10 目黒区 15,562 273,708 5.69%

社長数を人口で割った「社長比率」では、港区がなんと10%超えという結果に。住んでいる人の10人に1人がなんらかの会社の社長をしていることとなります。

関東 住みたい街 ランキング 10 2017年版

関東 住みたい街 ランキング 10 2017年版 吉祥寺

最後にSUUMOが毎年発表している「 関東 住みたい街 ランキング2017 」を見てみましょう。過去と比較できるデータは2010年が一番古そうでしたので、比較してみました。

参考 : SUUMO 関東 住みたい街ランキング2017
参考 : SUUMO 関東 住みたい街ランキング2010

2017年 2010年 駅名
1 1 吉祥寺
2 7 恵比寿
3 2 横浜
4 10位外 目黒
5 10位外 品川
6 10位外 武蔵小杉
7 8 池袋
8 10位外 中目黒
9 10位外 東京
10 10位外 渋谷

毎年1位とは限りませんが、「吉祥寺」が2017年、2010年ともに1位という結果に。また、社長の住む街でランクインしていなかった横浜も根強い人気があると言えるでしょう。

SUUMOの場合には、学生や比較的若い層のユーザーが多いのではないかと予想しており、社長の住む街ランキングと比較してみると、品川が港区高輪、恵比寿が渋谷区広尾と近いエリアとなりそうですが、順位に大きな違いが見受けられました。

東京商工リサーチによると、「上位の顔ぶれからは、 (1) 職住近接 、 (2) 交通アクセスの良さ 、 (3) 買い物が便利であること 、 (4) 繁華街や文化施設にも近いこと 、 (5) 災害リスクの低さ などを重視する都心回帰の動きに変わりがないことがうかがえる」とのコメントがあります。

住む場所を決める項目としては、「年代」、「性別」、「職場/学校」、「家族構成」の他に、「所得」という要素が、「社長の住む街」と「住みたい街」の違いの大きな理由として挙げられるでしょう。

好きなところに住めるとすれば、「 港区赤坂 」に住んでみたいと思いますか?