会社設立後 に おすすめ の 銀行 法人口座 開設 ! メガバンク / ネット銀行 / ゆうちょ銀行 比較

会社設立後 に おすすめ の 法人 銀行 口座 開設 ! メガバンク ネット銀行 ゆうちょ銀行 比較

Notice: Undefined variable: echo in /home/sugusite/www/wpwp/wp-content/themes/jstork/library/shortcode.php on line 35

Notice: Undefined variable: echo in /home/sugusite/www/wpwp/wp-content/themes/jstork/library/shortcode.php on line 35

会社設立後 に行うべきこととして、 銀行 法人口座 開設 があります。

売上規模 がそこまで大きくない場合ですと、法人口座 ではなくて 個人口座 でも問題ありませんが、 取引先 への 振込み の際に 個人名義 になってしまい、取引上好ましくない場合が出てくる可能性もあります。

また、普段使っている口座でなければ問題ありませんが、同じ口座で個人と法人のお金を入れている場合、どちらのお金なのか管理するのが難しくなってしまうという問題も出てくるでしょう。

個人口座 と 比べて 法人口座 は審査が厳しめで、特に会社設立後では審査が通らずに口座開設ができないということも起こりえます。

実際に法人の 銀行口座 を 開設 してみた上で、 おすすめの 銀行 法人口座 開設 と 注意 しておくべき点についてご紹介いたします。

おすすめ の 銀行 法人口座 開設 と 注意しておくこと

会社を設立した後に初めて銀行で法人口座を作る際にはどの銀行で作るのべきか悩むことと思います。

僕も最初のうちは個人口座に入金をしてもらったり、個人名義で取引先に振り込んでいましたが、自分のお金と分別するのが難しくなって来たこともあって、銀行で法人口座を作ることにしました。

そこでどの銀行にしようか考えた際に、おすすめの考え方としては 法人での 銀行口座 を作る目的を予めしっかりと確認しておくことです。

法人 銀行口座 を作る目的の確認項目3つ

銀行口座を作る目的として確認するべき代表的な項目は以下の3つです。

1、事業資金の出し入れだけか借り入れを行うか

事業資金の出し入れだけでしたらメガバンクに限らず、手数料の安いネットバンクなどどこの銀行で作っても良いでしょう。

もし借り入れを行う予定がある場合にはネットバンクでも借り入れが可能ですが、初めての融資の際には有人店舗があるメガバンクや地銀を検討することをおすすめします。

初めてでわからないことを聞きやすいということもありますし、もし借り入れができなかった場合にも銀行が融資を行う際には、どこを見ているかなど教えてくれる方も多いので知見を貯めることが出来るからです。

2、ネットだけで取引するか、実店舗でも預け入れや振り込みを行いたいか

取引をネットだけで行うのであれば、手数料が安くて口座維持料も不要なネットバンキングがおすすめです。

ネットが比較的苦手で実店舗での取引も行いたい場合には、近くに店舗のあるメガバンクや店舗数の多いゆうちょ銀行も検討しても良いでしょう。

3、いくらくらい預ける予定か

ゆうちょ銀行の場合には個人と法人合わせて1,300万円までしか預け入れができません。

それ以上になる場合にはゆうちょ銀行ではないところで作るか、ゆうちょ銀行と別の銀行の複数口座を作成する必要があります。

銀行 法人口座 開設 に必要な 書類

銀行 法人口座 開設 に必要な 書類と印鑑

ある程度目的を把握した上で、どこの銀行に法人口座を作るか考えた次にやることは、法人口座開設に必要な種類を準備することです。

銀行によっても多少違いはあるものの、必要な書類を8つご紹介します。

1、 全部事項証明書 ( 登記簿謄本 )
2、 法人の印鑑証明書
3、 株主名簿 ( 出資者名簿 )
4、 法人印鑑 ( 銀行印 、 会社実印 )
5、 来店者の本人確認証明書
6、 会社定款
7、 会社のマイナンバー ( 法人届出番号 )
8、 各銀行ごとの申込み書類

会社定款は出さなくても大丈夫な銀行もありますが、念のため用意しておきましょう。

ホームページがない場合には、事業がわかるようなパンフレットや会社紹介資料の提出が必要な場合もあります。

法人の印鑑は銀行印と会社実印を持って行くようにしましょう。特にこだわりがなければ、最初は1万円前後の印鑑セットで良いかなと思います。僕も実印・銀行印・角印の印鑑3本セットを頼みました。あまり持ち運ぶことは多くないと思いますが、小物入れのような印鑑を入れるケースがあった方が便利です。

法人用印鑑セット

参考 : Inkans.com 実印・銀行印・角印の印鑑3本セット

銀行で法人口座を断られる理由

先に確認しておきたいのが、法人口座の開設を断られる理由です。

時間をかけて書類を用意したのにもかかわらず、窓口で断られるといった例も少なくありません。

法人口座の審査が通らずに断られやすい理由は以下が挙げられます。

1、 資本金額が低い。 低い目安は業種にもよるものの最低100万円以下。
2、 登記住所が自宅、シェアオフィス。
3、 固定電話がなく携帯電話。
4、 事業内容がわかりにくい

基本的には銀行として口座を開設する際に信頼性があるかどうかが重要となります。

少なくとも事業目的がわかるように、 独自ドメイン の ホームページ を用意しておきましょう。

独自ドメイン でサイトを作りたい方向け!本サイトのテーマのご紹介

2017.04.04

メガバンク での 法人 口座 開設

銀行口座 を 法人 で作ろうと思った際に、まず最初に候補となるのがメガバンク。

メガバンク で 法人口座 を持っておくと、もちろん融資にも利用ができますし、支店も比較的多いので振り込み手続きなども行いやすいです。

また、大手企業などとの取引先にメガバンクで口座を持っておくと 信用度 が増すこともメリットの一つでしょう。

ただし、銀行の方と打ち合わせを行なったり、場合によってはゆくゆく営業をされるといったデメリットもありえます。

手数料もネット銀行と比べると高く、法人口座の場合には毎月利用料がかかることも把握しておきましょう。

三菱UFJ銀行の場合にはネットバンキング利用でも、月に30件まで無料であればLightプランを利用することで月額基本料がかからないのでオススメです。

銀行名 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行
ネット月額基本料 1,728円(Lightは無料) 2,160円 2,160円
振込手数料
ネットバンキング
同行同一支店
3万円以下:無料
3万円以上:無料円
同行内
3万円以下:108円
3万円以上:216円
他行宛
3万円以下:270円
3万円以上:432円
同行同一支店
3万円以下:108円
3万円以上:216円
同行内
3万円以下:216円
3万円以上:432円
他行宛
3万円以下:540円
3万円以上:756円
同行同一支店
3万円以下:108円
3万円以上:216円
同行内
3万円以下:216円
3万円以上:432円
他行宛
3万円以下:540円
3万円以上:756円
利用可能時間 平日 8:00~23:55
祝日は不可
第二土曜は21:00まで
月曜〜土曜 8:00~24:00
日祝は不可
平日 8:00~23:30
土 8:00~20:00
日 9:00~17:00
祝日不可
店舗数 国内約765店舗 国内約440店舗 国内約420店舗
審査日数 2週間程度 2週間程度 2週間程度

メガバンク での 法人 口座 開設 の コツ

メガバンク が一番口座の審査ハードルが高そうに思えますが、ベンチャー企業でも開設することも可能です。

実際に僕は 三菱東京UFJ銀行 で開設をしました。

メガバンクでは担当の方に書類を提出するととともに、簡単に自己プロフィール紹介となぜこの事業をやるのかといった説明も求められます。

ここでしっかりとした対応をすることで、法人としても代表個人としても良い印象を与えることができますので、法人口座で断られる理由として挙げた項目についてスコアリングが悪くても諦めずに頑張りましょう。

また、会社設立間際でまだ知名度や信用度が高くない場合に 法人口座 を 開設する際 の 重要 な コツ が、「 会社名の入った書類は多ければ多いほど良い 」ということです。

僕の場合、上記でご紹介した必要書類に加えて、

  • 取引先への見積書
  • 取引先への請求書 、 自社宛の請求書
  • 取引先との契約書

をメールで銀行担当の方に送りました。

会社設立間際 では上記のような書類がまだ用意できない可能性もありますので、緊急性が高くなければしばらくは個人口座でやり取りを行い、取引で見積書や請求書ができる段階になってから 法人口座 を開設した方が、審査を通過できる可能性がかなり高まると考えられます。

また、最近ではネットでの調査も行われているようで、

  • 代表者の経歴
  • 代表者のSNS
  • 代表者の評判

といったことも見ているとのことです。

注意しておきたいのがSNS関連でふざけた投稿が多ければ削除するか、友人以外は見れないようにするなどあらかじめ対策をしておきましょう。

意外にも 2チャンネル なども見ているようで、あまりにも悪い書き込みがあると、 信憑性 は別として 審査通過 は厳しくなるとのことでした。

三菱東京UFJ銀行 での 法人 口座 開設

銀行 法人口座 開設 三菱東京UFJ銀行

出所:三菱東京UFJ銀行 法人のお客さま

メガバンクの中でも口座開設で筆頭候補に挙げられるのが三菱東京UFJ銀行でしょう。

最初法人口座を作ろうと思った際に法人窓口へ行ったところ、ネットで予約をしてから来て下さいと言われてしまいましたので、都心部の支店で口座を開設したい際には予め確認しておきましょう。
参考:三菱東京UFJ銀行 法人のお客さまの新規口座開設について

ネットで必要項目を入力後に予約しようとしたところ、10日以上先の日程以降でないと空いていなかったので、場合によっては若干長めの時間がかかる可能性もあります。

■必要書類

以下の全てが必要で原本での確認となります。

1、 履歴事項全部証明書 ( 登記簿謄本 )
2、 印鑑証明書
3、 来店者さまの「公的な本人確認資料」
4、 代表者以外であれば、委任状等

※三菱東京UFJ銀行に関わらず、原本を提出すればコピーを取ってくれるので返却してくれます。

■必要に応じ、ご提出をお願いする書類

口座開設目的や事業内容、主な株主等、その他についてお尋ねします。お尋ねした結果、追加での書類のご提示をお願いすることがあります。

1、 会社案内、製品、パンフレット、お取引先さま向けご提案書、見積書、注文書、仕様書等
2、 事業の実施自体に各行政機関等の許認可・届出・登録等が必要な業種の場合は完了済であることを確認できる資料

ネットで予約後に初回面談があり、審査が通過すると改めて銀行で手続きが必要なため、概ね1ヶ月程度見ておいた方が良いかもしれません。

窓口の担当者の方に聞いたところ、実際に審査するのは5名程度のようです。

さらに「今日の面談時の定性評価みたいなのは加味されるのですか?」と確認したところ、チェック項目としてはあるもののさほど影響度は高くないみたいでした。

三菱東京UFJ銀行のネットバンキングについて

三菱UFJ銀行の場合にはネットバンキング利用でも、月に30件までの振込であればLightプランを利用することで月額基本料がかからないのでオススメと上記で書かせていただきましたが、Windowsのみ対応のためMacでは利用ができません。

おそらく他のメガバンクも同様だと思うのですが、おかげで残念ながらネットバンキングをまだ利用できていない状況です。。

三井住友銀行 での 法人 口座 開設

銀行 法人口座 開設 三井住友銀行

出所:三井住友銀行 法人のお客さま

三井住友銀行で法人口座を開設しようとした際には、直接支店に行って申し込みをしましょう。

■必要書類

1、 履歴事項全部証明書
2、 法人の印鑑証明書
3、 手続きに来店される方のご本人を確認する公的書類
4、 手続に来店される方が法人に代わって取引を行うことを確認する書類等(委任状等)
5、 口座開設承り書

口座開設申込から概ね2週間程度かかることを見込んでおきましょう。

みずほ銀行 での 法人 口座 開設

銀行 法人口座 開設 みずほ銀行

出所:みずほ銀行 法人のお客さま

実はみずほ銀行はメガバンクの中で最も会社設立後でも積極的に法人口座を開設してくれると言われている銀行です。

僕もどこの銀行で作ろうか迷っていた時に、周りの知人からみずほ銀行が結構良いよと数人から言われました。

■必要書類

1、 履歴事項全部証明書
2、 ご来店者の本人確認書類(運転免許証、各種健康保険証など)
3、 ご印鑑
4、 (必要に応じ)事業内容が分かる資料など

みずほ銀行はネットから申し込める支店の数が多く、IT系の企業に相性が良いかもしれません。

ネット銀行 での 法人 口座 開設

会社設立間際で一番敷居が低く、利便性の高さからネット銀行で法人口座を開設しようと思う方も多いでしょう。

既にネット銀行で個人口座を開設していれば、使い方も概ね熟知しているはずです。

ネット銀行の場合メガバンクと比べて手数料が安く、基本使用料がかからない点も初期の企業にとっては大きなメリットとなります。

ただし、ネット銀行の場合メガバンクとは違って良くも悪くも対面でのやり取りがないため、スコアリングが悪いと挽回の余地がありません。

銀行名 楽天銀行 住信SBIネット銀行 ジャパンネット銀行
月額基本料 無料 無料 無料
振込手数料 同行内
3万円以下:51円
3万円以上:51円
他行宛
3万円以下:165円
3万円以上:258円
同行内
3万円以下:51円
3万円以上:51円
他行宛
3万円以下:165円
3万円以上:258円
同行内
3万円以下:54円
3万円以上:54円
他行宛
3万円以下:172円
3万円以上:270円
利用可能時間 24時間365日 24時間365日 24時間365日
店舗
開設までの日数 審査1〜2週間 審査1〜2週間 審査1〜2週間

楽天銀行 での 法人 口座 開設

銀行 法人口座 開設 楽天銀行 法人のお客さま

出所:楽天銀行 法人のお客さま

楽天銀行では楽天市場で出店している法人やショップが利用すると、楽天の他のサービスとシームレスに繋がることでメリットが大きそうです。

1、口座開設手続きが簡単
2、楽天バンク決済と連携で売上が毎日入金
3、楽天への支払なら口座振替で手数料無料

住信SBIネット銀行 での 法人 口座 開設

住信SBIネット銀行 法人のお客さま

出所:住信SBIネット銀行 法人のお客さま

住信SBIネット銀行では以下の条件を1つ満たす毎に振込手数料が月10回無料(最大月20回無料)になります。

条件A 他行からの振込(他行為替)が月間10件以上
条件BVISAデビットカードのご利用金額(月末確定金額)が10万円以上

ジャパンネット銀行 での 法人 口座 開設

銀行 法人口座 開設 ジャパンネット銀行

出所:ジャパンネット銀行 ビジネスでのご利用(法人・個人事業者のお客さま)

ジャパンネット銀行の特徴としては、楽天銀行と住信SBIネット銀行の申し込みの際に固定電話がないと申し込みができないのですが、ジャパンネット銀行では必須ではありません

もちろん固定電話があった方が信用度は増すものの、携帯電話しかない場合でも申し込みはできるので上記のネット銀行よりも間口が広い可能性があります。

また、freee会員専用の最短翌日から借りられるローンもあるようです。

ゆうちょ銀行 での 法人 口座 開設

銀行 法人口座 開設 ゆうちょ銀行

出所:ゆうちょ銀行 法人のお客さま

銀行の中で意外と見逃せないのがゆうちょ銀行です。

ゆうちょ銀行は支店数も多いですし、法人口座はインターネットバンキングが無料で使えるというのもメリットとして大きいです。

また、ゆうちょ銀行のATMを利用すれば入金や出金も手数料はかかりませんし、ゆうちょダイレクトを利用する場合、ゆうちょ口座間の送金は月5回まで無料となります。

ただし、法人間でゆうちょの振込が使えるケースが比較的少ないため、給与振り込みや個人への送金で利用できる程度に考えた方が良いでしょう。

■必要書類

1、 法人の履歴事項全部証明書 ( 原本 )
2、 ご来店者の公的な本人確認書類 ( 運転免許証 ・ 各種保険証等 )
3、 ご来店者と法人の関係を証する書類
4、 法人番号が確認できる書類 ( 法人番号指定通知書等 )
5、 法人の印鑑証明書
6、 株主名簿または出資者名簿
7、 次の書類のいずれか(設立後6か月以内の法人に限る)
 ・所轄税務署あての法人設立届出書(控)
 ・所轄税務署あての青色申告承認申請書(控)
 ・主たる事務所の建物登記簿謄本(現在事項証明書)(原本)
 ・または主たる事務所の賃貸借契約書(原本)

銀行名 ゆうちょ銀行
月額基本料 無料
振込手数料 同行内
3万円以下:51円
3万円以上:51円
他行宛
3万円以下:165円
3万円以上:258円
利用可能時間 24時間365日
店舗 国内約230店舗
開設までの日数 審査2週間程度
ゆうちょ銀行の法人口座開設は比較的緩そう

ゆうちょ銀行で法人口座を開設する際には窓口で書類の記入をして提出するだけです。

メガバンクと違って対面でのやり取りも不要で、1週間後くらいに無事にカードと通帳が届きました。

預金の上限はあるものの、会社設立したてでも比較的簡単に口座開設が出来そうだと感じています。

メガバンクとネット銀行の組み合わせがオススメ

銀行 法人口座 を開設する目的に合わせてどこの銀行が良いか選択するべきだとご紹介致しましたが、メガバンク1つとネット銀行1つの組み合わせがオススメです。

手数料の安いネット銀行をメインで利用しつつ、必要に応じてメガバンクを利用してはいかがでしょうか。

資本金が低くて法人オフィスがない場合にはネット銀行の方が断られやすいケースが多いので注意しましょう。

メガバンク以外でも地銀や信用銀行なども近くにある場合には検討しても良いですし、場合によっては手厚いフォローがあるケースもあるので一度相談して見ても良いかもしれません。

対面でのやり取りがある銀行の場合には、少しでも多く法人名の入った書類を用意して担当者に提出することで開設の確率が高まりますので、ぜひやってみましょう。

法人 で PASMO や SUICA などの 電車代 オートチャージ と 口座引き落としのやり方とは

2018.10.31