振込が反映されない? 銀行 振込 の 入金が確認・反映される時間とタイミングとは

振込が反映されていない? 銀行 振込 の 入金が確認・反映される時間とタイミングとは

自分や法人の口座に振込が予定されているものの、入金が確認できずにハラハラしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、自分が銀行から振り込んだ際に相手方の振込入金がいつ確認できるかを知っておくことも便利です。

今回は 銀行 振込 の 入金が確認・反映される時間とタイミングについてご紹介させていただきます。

銀行 振込 の対応時間について

銀行の振込処理が行われる時間帯は、一般的には銀行の営業時間である平日の9時から15時です。

振込の方法としては銀行窓口、ATM、ネットからの3種類がありますが、窓口で15時ぎりぎりに振込をした際には、場合によっては当日着金とならず、翌営業日扱いとなってしまう場合もありますので、早めに行う方が好ましいでしょう。

0時~8時59分までに振込をした場合

銀行の営業時間前に振込をした場合には、振込先に9時から9時10分頃までには入金が確認できるはずです。

なお、土日・祝日に行なった場合には、翌営業日の9時から9時10分頃の入金確認となります。

9時~14時59分までに振込をした場合

銀行営業時間である9時~14時59分の間に振込を行なった場合には、ほぼリアルタイムで入金が確認できます。

給料日や月末など混み具合によって振込処理が多い場合でも、遅くとも1時間以内には確認できるでしょう。

特にATMやネットバンキングの場合、ほぼリアルタイムとなりますので当日振込が必要な場合でも15時ギリギリでも間に合います。

ただし、ATMの場合には混み合う場合もありますし、ネット振込ではネットの接続が不調になることもあり得ますので、少し余裕を見ておきましょう・。

15時~23時59分までに振込をした場合

銀行の営業時間を過ぎてからの振込に関しては、振込の確認ができるのは翌営業日扱いとなります。

つまり、0時~8時59分までに振込を行なったのと同じ確認となることとなります。

確実に入金が必要な場合には、銀行営業日の9時までに行うか遅くとも15時までに行う必要があります。

24時間 リアルタイム 振込 も可能な銀行

24時間 リアルタイム 振込 も可能な銀行

上記では銀行の営業時間内でないと入金が確認できないとご紹介いたしましたが、同じ銀行同士の振込の場合にはリアルタイムでの振込と入金確認ができる銀行が増えてきています。

ただし、法人ではあまり対応してくれない場合が多いですので、個人での取引で利用できるという認識でいましょう。

営業時間外でもリアルタイム送金が可能な銀行とは

営業時間外でもリアルタイムに送金・入金できる銀行です

楽天銀行:○
ジャパンネット銀行:○
ソニー銀行:○
じぶん銀行:○
ゆうちょ銀行:○
りそな銀行:○

上記の銀行であれば、同一銀行間という条件は付きますが、リアルタイムで振込確認が行えます。

なお、現状では他の銀行では、同じ銀行同士であってもリアルタイムの入出金には対応していませんので、余裕を持っての対応が必要です。

技術的にはリアルタイム入出金対応が可能

上記以外の銀行でも振込・送金のリアルタイム化に対するニーズの高まりは銀行界も認識しているようです。

実際にFXへの入金などであれば、即時入金確認が既に行えるために技術的にはリアルタイム入出金対応が可能と言えます。

そのためには大量の入出金に関するトランザクション処理を行えるシステム対応を行う必要がありますが、全国銀行協会も平成30年10月から24時間決済できるシステムの稼働を目指していますので、ゆくゆくはリアルタイム化が期待されています。

これを受けて三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、地方銀行など全国銀行協会に加盟している銀行の8割にあたる112の銀行がサービスを始める予定です。

また、銀行での現金取引以外にも仮想通貨でのやり取りが増えていますが、仮想通貨でれば即時入出金も可能ですので、現状ですと個人間でのやり取りがメインにはなりますが、選択肢の一つとして今後検討しても良いでしょう。