MBA受験に必要なTOEFL対策にオススメの教材について

3views
MBA受験におすすめTOEFL教材

MBA受験に必要なTOEFLテスト対策用の教材として、様々な教材が販売されていますが、適切な教材を選ぶことは限られた学習時間を有効活用するうえで非常に重要です。

ここではMBA受験合格者の方からも評判の高い教材をピックアップして紹介をします。

The Official Guide to the TOEFL Test

TOEFLのテストを作っているETSから発行されている公式のテキストで、最も評判がよくTOEFL学習の定番と言える教材です。

模試が含まれており、付属のCDからパソコンにソフトウェアをインストールすることで本番に近い環境で学習をすることができます。

TOEFL Practice Online

TOEFL Practice OnlineもETSが作成している公式の模擬テストです。

オンラインで受験をする形式となっており、限りなく本番に近い環境での受験が可能です。

また、受験後すぐに想定スコアが算出され、(Speaking・Writingテストも機械的にスコアが算出されます。)学習の進捗状況を把握するのに役立ちます。

難点としては、一度受験をしてしまうと、再度問題を解くことができないという点です。

ある程度学習を済ませた上で、腕試しをされることをおすすめします。

TOEFL Practice Onlineを見る

TOEFLテスト英単語3800

TOEFLでは、通常の英単語帳などでは掲載されていないアカデミックな語彙力が要求されます。

こちらのTOEFLテスト英単語3800は、それらのアカデミックな英単語をカバーしており、MBA受験合格者の方からも評判の高い教材です。

Eigo-Sensei(エイゴセンセイ)

こちらはTOEFL・IELTSのWritingに対応した英文添削サービスですが、安価で丁寧な添削を受けられると評判です。

iknow

iknowはPCやスマートフォンで英語が学習できるWebサービスとして人気を集めていますが、実はTOEFL・GMAT用の英語学習コースも設けられています。

音声を聞きながら、英単語を学習できるのでReadingとListeningのスコアアップに効果的です。

また、スマートフォンを用いることで通勤通学の時間を使って学習をすることができ、英語学習の時間を十分に確保できない方にとって有用なサービスです。

iknowを見る

MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月合同会社Milkyways設立、代表社員CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はサルサとラーメン。