スタンダードは永年無料!ライフカードビジネスライトの特徴と年会費、審査基準について

10views
ライフカードビジネスライトの特徴、審査基準について

ライフカードビジネスライトは、個人事業主や法人の経営者を申込み対象にしているクレジットカードです。

WEBで簡単に申込みができ、スタンダードカードは年会費が無料で利用することができることもあって人気のカードになります。

今回はライフカードビジネスライトの特徴、審査基準についてご紹介致します。

ライフカードビジネスライトとは

ライフカードビジネスライトとは

引用:ライフカード

ライフカードビジネスライトはライフカード株式会社が発行している法人向けのクレジットカードです。

個人事業主や法人の経営者を申込み対象にしており、経費の支払いに活用することで経費の削減、経理処理の軽減、効率的な資金運用に役立てることができます。

VISA、Mastercard、JCBという主要な国際ブランドに対応しており、3つのブランドから選択することができますので、海外で経費の支払いが発生することが多い方でも安心です。

ビジネス上の経費の支払いが多い方はぜひ利用を検討したいクレジットカードです。

ビジネスカードとプレミアム・ゴールドカードのスペック

ライフカードビジネスライトには「スタンダード」と「ゴールドカード」の2つのランクがあります。

項目ライフカード スタンダードライフカード ゴールド
年会費永年無料税別2,000円(初年度無料)
追加カード年会費永年無料税別2,000円(初年度無料)
ポイント還元率なし1.0%
国内旅行傷害保険なし最高1,000万円
海外旅行傷害保険なし最高2,000万円
空港ラウンジ利用不可国内主要空港

スタンダードは年会費が永年無料でお得なカードなのに対して、ゴールドは年会費が税別2,000円(初年度無料)でポイント還元率が1.0%、保険や空港ラウンジの特典も受けられるコスパの良いカードと言えます。

ライフカードビジネスライトの特徴

ライフカードビジネスライトの特徴

ライフカードビジネスライトの特徴について見ていきましょう。

スタンダードは年会費が無料!

ライフカードビジネスライトの最大の特徴は、ランクがスタンダードであれば年会費が永年無料である点です。

ゴールドは初年度年会費無料(次年度以降2,000円(税別)/枚)、費用をかけたくない場合にはスタンダードがおすすめです。

デビットカードで年会費無料はありますが、法人のクレジットカードで年会費無料は非常に珍しいため、この特徴だけでカード作成しても良いくらいのメリットであると言えます。

特に小規模の会社、会社設立の直後で費用を抑えたい会社などにお勧めです。

カードのブランドはVISA、Mastercard、JCB

カードはVISA、Mastercard、JCBのブランドから選ぶ事ができます。

どのブランドも国際的なカードブランドですので、日本国内はもちろん、世界各国で利用することができます。

1枚持っておけばどこで利用するにしても困ることは非常に少ないでしょう。

ライフカードビジネスライトの付帯サービス

ライフカードビジネスライトの付帯サービスについて見ていきましょう。

なお、ゴールドの方が付帯サービスが多くなっています。

クラウド会計ソフトfreeeが1か月無料

ライフカードビジネスライト会員は、クラウド会計ソフトfreee(フリー)
の標準プランの利用期間を1か月無料で延長することができます。

freeeは近年シェアを大幅に伸ばしているサービスで、帳簿や決算書の作成をクラウド上で簡単に行うことができます。

ライフカードビジネスライトとfreeeを連携することにより、会社の経理処理の効率化が劇的に進むことが期待できます。

なお、利用料は年額払いで支払う必要があります。

弁護士との相談が1時間無料

ライフカードビジネスライト会員は、港国際法律事務所の弁護士と1時間無料で相談することができます。

労務問題、債権回収などビジネスにおける悩み事だけでなく、離婚、相続、交通事故といった個人のトラブルまで無料で相談できるのは心強いことです。

国内主要空港のラウンジを無料で利用可能

空港ラウンジサービス

ゴールドの付帯サービスですが、国内主要空港のラウンジを無料で利用できるサービスです。

フライト前に込み合って騒がしいロビーではなく、落ち着いた空間でくつろぐことができます。

ラウンジにはフリードリンクや新聞、雑誌が提供されており、Wi-Fiを利用することができるのが一般的です。

海外旅行傷害保険が付帯される

ゴールドの付帯サービスですが、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されることが特徴です。

  1. 何度海外に出掛けても適用される
  2. 家族に対しても所定の補償が付帯される
  3. ホテルの階段から落ちて足をネンザした、腹痛で入院した、といったケガや病気に関わる治療費、入院費などを補償
  4. カメラなどの携行品を盗難された場合や、ホテルのカーペットを汚してしまって損害賠償責任が発生した場合などの補償

国内旅行傷害保険が付帯される

国内旅行もゴールドの付帯サービスですが、最大1,000万円の傷害保険が付帯されることが特徴です。

さらに家族特約も付いているので、プライベートでの家族旅行の際にも安心です。

シートベルト保険が付帯される

シートベルト保険とは、日本国内で自動車に搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事故を補償するものです。

事故日から180日以内に死亡や重度の後遺障害が残ったときに最大200万円が補償されます。

その名のとおり、シートベルトを着用していなかったときには適用されませんので注意が必要ですが、この点は通常の自動車保険と同様です。

ライフカードビジネスライトの審査基準と申込必要書類について

ライフカードビジネスライトの審査基準は比較的通りやすいのではないかと予想されます。

本人確認の書類だけで、ほぼ審査は通過します。

Web申し込みなら、カード発行までは最短4営業日です。

かんたんスピード審査・最短4営業日で発行

本人確認資料のみで創業・起業時にもお申込しやすく、独自の審査システムを活用することによって最短4営業日のスピード発行が特徴です。

申込必要書類について

ライフカードビジネスライトの申込に必要な書類は以下になります。

  1. 申込書類
  2. 本人確認書類

登記簿謄本や決算書類不要のためスタートアップの企業でもお申込が可能と言えます。

個人事業主、フリーランスでもカードが持てる

ライフカードビジネスライトは個人事業主、フリーランス、副業の方にもおすすめで、審査が早くて他のカードで審査を通らなかった場合でもライフカードビジネスライトなら利用できる可能性もあります。

公式ホームページ上でも「スタートアップ企業・フリーランスの方にも」と記載がありますし、申込みの際の必要書類をみても中長期的な経営状況を示す書類の提出は求められていません。

費用を掛けたくないならスタンダード、ポイント付与ならゴールドを

ライフカードビジネスライトはクラウド会計ソフトの利用や弁護士への相談などビジネス用のサービスが充実している一方で、カードの発行が他のカードと比較しても早く利用しやすいのが特徴です。

さらに、ゴールドであれば初年度年会費無料、スタンダードであれば年会費が永年無料と、利用にかかるコストが小さいのも大きな特徴です。

費用を掛けたくないならスタンダード、ポイント付与ならゴールドを申し込んでみましょう。

法人クレジットカードが作れない理由と審査基準とは?会社設立後 でも審査は通るか?

2019.04.19

決算書不要!会社設立後 に おすすめ の 法人向け クレジットカード 比較 まとめ

2018.12.30
MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月合同会社Milkyways設立、代表社員CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はサルサとラーメン。