銀行の法人口座が最短で開設できる日数とオススメの銀行とは

49views
銀行の法人口座が最短で開設できる日数とおすすめの銀行とは

会社を設立してからやることとして銀行の法人口座を開設することがあります。

入出金について急いでいない場合もあるかと思いますが、法人口座を開設するのであればなるべく早く出来る方が便利ですよね。

実際に自分でメガバンク、ネット銀行、ゆうちょ銀行で法人口座を開設しましたところ、口座開設までの時間がまちまちでした。

今回は自身の経験も踏まえて、銀行の法人口座が最短で開設できる日数とオススメの銀行についてご紹介致します。

まずは銀行の法人口座開設に必要な書類を準備

銀行の法人口座を開設しようと思ったらまずは必要な種類を準備しましょう。

銀行によっても多少違いはあるものの、必要になることが多い書類を8つご紹介します。

銀行の法人口座開設に必要な書類

  1. 各銀行ごとの申込み書類
  2. 全部事項証明書 (登記簿謄本)
  3. 法人の印鑑証明書
  4. 株主名簿 (出資者名簿)
  5. 法人印鑑 (銀行印 、会社実印)
  6. 来店者の本人確認証明書
  7. 会社のマイナンバー (法人届出番号)
  8. 会社定款

会社定款は出さなくても大丈夫な銀行もありますが、念のため用意しておいた方が良いかもしれません。

ホームページがない場合には、事業がわかるようなパンフレットや会社紹介資料の提出が必要な場合もあります。

書類に不備があると口座開設までの時間が延びてしまいますので、開設したい銀行のサイトを事前に確認して準備をしておきましょう。

銀行の種類によって開設までにかかる時間が違う

銀行の法人口座を開設するまでにかかる時間は大きく分けると銀行の種類によって異なっています。開設までの時間が短い順に並べてみました。

銀行の種類開設までの時間
ネット銀行1週間〜2週間程度
ゆうちょ銀行2週間程度
地銀・信用金庫2週間程度
メガバンク2週間〜1ヵ月程度

それぞれの銀行の種類別に口座開設にかかる時間とおすすめの銀行について順に見ていきましょう。

ネット銀行での口座開設にかかる時間

GMOあおぞらネット銀行管理画面

会社設立間際で一番敷居が低く、利便性の高さからネット銀行で法人口座を開設しようと思う方も多いのではないでしょうか。

ネット銀行の場合メガバンクと比べて手数料が安く、基本使用料がかからない点も初期の企業にとっては大きなメリットです。

また、銀行口座開設にかかる時間は1〜2週間程度でネット銀行が一番早いと思います。

ネット銀行の法人口座について詳しくご確認したい方は、以下の記事もオススメです。

法人 / 個人事業主 が 口座開設しやすい オススメ の ネット銀行 の 比較 と 違い

2019.04.14

その中でも特にGMOあおぞらネット銀行はweb上から口座開設申し込み書類などのアップロードを行うことができるため、順調にいけばネット銀行の中でも一番早く口座開設が可能となります。

ネット銀行での口座開設にかかる時間

僕も写真のように法人口座を開設しましたが、申し込みからカードが届くまで1週間程度でした。

すぐに法人口座を開設したいという方には一番おすすめと言えるでしょう。

新しいネット銀行ということで、積極的に法人口座の開設を行っているのではないでしょうか。

ネット銀行の中でも一番振込手数料が安く、固定電話が不要で申し込みができるのも会社設立間際にはありがたいポイントです。

僕の周りでも口座を開設している方が増えてきており、最近では一番申込者が多いように感じています。

より詳細にGMOあおぞらネット銀行についてご確認したい方は、以下の記事もオススメです。

GMOあおぞらネット銀行 で 法人口座 を開設してみた!審査と申し込み方法について解説。

2019.04.10

ゆうちょ銀行での口座開設にかかる時間

ゆうちょ銀行での口座開設にかかる時間

実はゆうちょ銀行で口座開設までにかかる時間はメガバンクや地銀と比較しても早いと思います。

面談も不要で窓口に口座開設の書類だけ出せば後は結果が送られてきますので、預け入れ上限が1,300万円という制限がありますが、設立間際の会社としては十分かもしれません。

概ね1〜2週間程度でキャッシュカードも手元に届きました。

ゆうちょ銀行は支店数も多いですし、法人口座はインターネットバンキングが無料で使えるというのもメリットとして大きいです。

地銀、信用金庫での口座開設にかかる時間

地銀と信用金庫については僕自身で口座開設をしなかったため、周りから聞いた話が中心となります。

口座開設には店舗での申込と面談が必要になることが多いです。

また、会社の近くの店舗でないと口座開設ができないといったこともありましたので、なるべくオフィスに近い店舗を調べてから行きましょう。

地銀や信用金庫の場合には地域の企業を応援するというミッションがあるため、比較的審査が通りやすいという声もあります。

口座開設についてはメガバンクよりも早いものの、概ね2週間程度は見ておきましょう。

メガバンクでの口座開設にかかる時間

メガバンクでの口座開設にかかる時間

メガバンクは審査が厳しめということもあり、開設までに一番時間がかかることが多いです。

口座開設時には必要書類の提出と簡単な面談などもあり、キャッシュカードが届くまで概ね2週間から3週間程度は見ておいた方が良いと思います。

また、僕は写真のように三菱UFJ銀行で作ったのですが、三井住友銀行やみずほ銀行とは違って口座開設するためには事前に予約を取ってから行かないといけません。

メガバンクで早めに口座を開設したい場合には、三井住友銀行かみずほ銀行を検討するのが良いと思います。

実際に三菱UFJ銀行の法人口座開設までにかかった時間としては、事前予約がすぐに取れず2週間後だったことを含めて1ヵ月程度はかかりました。

もしすぐに法人の銀行口座が必要な場合には、ゆうちょ銀行や地銀、ネット銀行でも口座開設の申し込みを同時に行っておくことがオススメです。

仮にメガバンクで審査が落ちてから違う銀行に申し込みを行った場合、2〜3週間程度は時間を余分に取られてしまいかねませんので注意しておきましょう。

三菱UFJ銀行の口座開設のポイントについてご確認したい方は、以下の記事もオススメです。

ベンチャーでも 三菱UFJ銀行 で法人口座 を開設!審査のコツと申し込み方法について詳しく解説。

2019.05.01

銀行の法人口座を開設する際には複数の種類の申し込みがオススメ

法人口座を開設する際には開設までの日数と合わせて、審査が通るかどうかという点も重要です。

例えばメガバンクだけで複数の口座開設申し込みを行うといったように同じ種類の銀行だけではなく、メガバンクとネット銀行のように複数の種類の銀行に申し込みを行った方が口座開設のリスク分散ができます。

口座開設が早く手数料の安いネット銀行に申し込みをしつつ、必要に応じてメガバンクにも口座開設申し込みをするといった組み合わせがオススメです。

ただし、資本金が低くて固定電話がないような場合にはネット銀行の方が断られやすいケースもありますので注意しましょう。

ネット銀行以外の対面のやり取りがある銀行では会社設立間際の場合、少しでも多く法人名の入った書類を用意して担当者に提出することで開設の確率が高まりますので、ぜひやってみましょう。

銀行の法人口座が作れない理由と 審査基準 とは?メガバンクとネット銀行の違いについても解説

2017.11.14

会社設立後 におすすめの銀行法人口座開設 ! メガバンク / ネット銀行 / ゆうちょ銀行徹底比較

2017.10.18
MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月合同会社Milkyways設立、代表社員CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。ラーメン好き。