株式会社ALIVAL運営のM&Aマッチングサイト、M&Aナビの特徴と評判、手数料とは

56views
株式会社ALIVAL運営のM&Aマッチングサイト、M&Aナビの特徴と評判とは

近年ではインターネットの普及に伴い、M&Aや事業継承の業界でもマッチングサービスが多く登場しています。

今回は株式会社ALIVALが運営しているM&Aナビ(エムエーナビ)の特徴と評判についてご紹介いたします。

M&Aナビを運営している株式会社ALIVALについて

株式会社ALIVAL

参考:株式会社ALIVAL

M&Aナビは株式会社ALIVALが提供しているM&Aのマッチングサイトです。

株式会社ALIVALはM&A仲介会社であり、M&A仲介やコンサルティングを主な業務としています。

東京、大阪、福岡にオフィスを構えており、2018年にM&Aナビをオープンしました。

ALIVALの事業内容

ALIVALの事業内容

ALIVALはM&Aナビの運営と合わせてM&Aに関わる事業を行っています。

M&Aのアドバイザリー業務

M&Aに関する全般的な支援やM&A成立のための売買相手探しなど幅広いアドバイザリー業務を行っています。

事業承継

第三者承継であるM&Aだけではなく、親族内承継、従業員承継についても貴社の個別事情や背景を考慮したサポートをいたします。

事業承継はタイミングが難しく、後継者育成にかかる時間が長ければ数年以上かかることもあり、外部のパートナーをうまく活用するのも一つの手段です。

相続対策

相続対策は「遺産分割対策」、「納税資金対策」、「相続税対策」の3つです。

上記の事業承継にも関わることですが、最適な相続対策のご提案が可能とのことです。

再編支援

組織再編を活用することで、事業の効率化、経営の合理化、事業承継対策、相続税対策が可能になるケースがあります。

顧客のニーズに応じ、最適な組織再編スキームを立案し、実行までサポートいたします。

企業価値評価(バリュエーション)

企業の株式価値や合併比率・株式交換比率などの算定業務を受託し、客観的な参考情報を提供します。

M&Aの仲介会社によってバリュエーション算出の手法や金額に多少差が出てくることがあります。

財務デューデリジェンス

対象会社の財務上の問題点を網羅的に調査、把握することで譲渡側と買収側の「情報の非対称性」の解消ができるようアドバイスいたします。

採用コンサルティング

企業の人材採用を支援するコンサルティングサービスです。

企業の経営戦略などを加味し、最適な人材を確保する採用戦略を提案します。

基本的にはM&Aに関する業務を幅広く行っており、事業承継や経営再建、組織力向上といったコンサルティングに強みを持っていると考えられます。

M&Aナビとは

M&Aナビ

M&Aナビは、テクノロジーによる成約までの効率化を図りながら、大切な部分はしっかり人がサポートするハイブリッドなオンラインM&Aプラットフォームです。

M&A経験豊富なアドバイザーが検討段階から成約するまで一貫してサポートします。

大手M&A仲介会社に比べ約1/10という圧倒的な低コストを実現しているところもウリのポイントです。

高い成約率とスピーディな交渉も特徴で、平均5ヶ月以内で成約しています。

売り手にやってもらうことは、決算書をアップロードするだけです。

あとはM&Aナビのプラットフォームとアドバイザーが、案件化~納得のいく成約まで手厚くサポートします。

買い手は、M&Aが初めてだったとしても、気をつけるポイントや聞きにくい質問の仲介など、必要に応じてM&Aナビのアドバイザーがサポートしてくれることも特徴です。

項目内容
対応業種飲食、製造、介護、ホテル、学習塾、農業、メーカー
手数料事前相談および着手金無料
ポイントオンラインとオフラインのハイブリッドで平均5ヶ月以内のスピーディーな事業譲渡を実現
企業情報株式会社ALIVAL(アライバル)
東京都港区三田3丁目2番3号 万代三田ビル4階
設立:2017年

M&Aナビの特徴について

M&AナビはM&Aのプロセスをしっかりフォローできるシステムや機能が備わっており、また中小企業向けに小規模案件を豊富に取り扱っているM&Aマッチングサイトです。

主なターゲットユーザー

売手は200万社とも言われている中小企業の経営者になります。

主に年商1億円以下の小規模・零細企業にとっては、M&A仲介者への手数料は着手金がかかる場合も多く、最低でも数百万円以上はかかるため、自由なM&Aの相談ができにくかった経緯があります。

買手は上場企業から個人投資家・個人まで幅広く利用しています。

完全成果報酬でコストが大手企業の約1/10に

M&Aナビは買い手も売り手も登録が無料で始めることができます。

また、M&A仲介会社にマッチングやアドバイザリーを依頼する場合、着手金や中間報酬などが発生することも多いですが、完全成功報酬制になるため案件の完結まで費用が発生しないというメリットがあります。

M&Aの仲介コストが大手企業と比べて約1/10程度になることも多いようです。

平均5ヶ月以内の成約

M&Aナビのもう一つの特徴が平均5ヶ月以内というスピーディーなM&Aも可能であることです。

M&Aナビは全てのM&Aのプロセスをオンラインで完結させることもできますが、オンラインとオフラインのハイブリッドでサポートがあるため両方の良さを生かすことができます。

M&Aが初めてで不安があった際にはM&Aナビのアドバイザーが相談に乗ってくれるのも心強いと言えるでしょう。

M&Aナビの評判や口コミについて

M&Aナビの評判や口コミについて

M&Aは守秘義務契約が多く、なかなか表立った評判や口コミが取りにくいという事情もありますが、M&Aナビの評判や口コミについてどのようなものがあるのか見ていきましょう

運営しているALIVALの創設者は元々M&A仲介の大手企業である日本M&Aセンターで活躍しており、アドバイザリーやネットワークにおいて多くの実績と知見があるようです。

M&AナビはM&Aで行うプロセスを全般的に支援する機能やサポートが備わっているため、煩雑で手間がかかるイメージのあるM&Aをスムーズに行えるようにしてくれます。

M&Aナビに限らずですが、M&Aマッチングサイトでは売り手と買い手の比率は概ね「1:9」と言われていることが多いです。

中小企業のM&Aをお考えの方におすすめのサービス

M&Aナビは様々なM&Aに対応していますが、中小企業の経営者や、中小企業の買収を考えている方におすすめのサービスと言えるでしょう。

アドバイザリーの方もいるためITがそこまで得意ではなく、オンラインだけでやり取りするのが不安を感じる方にもおすすめのサービスです。

【2020年最新】 M&A ・ 事業承継 の マッチングサイト 比較 と まとめ12選

2019.05.06
MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月合同会社Milkyways設立、代表社員CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はサルサとラーメン。