動画配信システムのVimeoが上場。気になる成長率と動画市場について

122 PV

動画配信システムのVimeoが上場。気になる成長率と動画市場について

新型コロナウイルスの影響で巣篭もり需要が増えている中、ネット動画配信市場が盛り上がりを見せています。

その中で動画配信システムを提供しているVimeoの成長にも注目が集まっているのはご存知でしょうか。

今回は動画配信システムのVimeoが上場、気になる成長率と動画市場についてご紹介いたします。

Vimeoとは

vimeoとは

参考:https://vimeo.com/jp

Vimeo(ヴィメオ)はクリエイター向けの動画共有サイトで、「video」(ビデオ)と「me」(私)の意味と、「movie」(映画)という言葉の造語から生まれました。

YouTubeなどとは違い、商業作品の転載、ゲームのプレイ動画、ポルノ映像、その他ユーザー自身が作ってない作品の投稿を認めていないことが特徴です。

また、エンタープライズ向けとして月額有料サービスの提供も行っています。

Vimeoは2004年に創業し、2006年には米国の「IAC」という大手メディア企業が買収しました。

2021年5月に親会社であるIACから事業の一部や子会社を切り離して分離・独立させるスピンオフし、独立企業として取引が開始されました。

2019年12月31日現在で有料会員数は約120万人、会員登録者数約1億5千万人というデータでしたが、2021年第1四半期のデータによると有料会員数が160万人と順調に伸びていることがわかります。

Vimeo売上

参考:https://strainer.jp/stories/1449

Vimeoの有料プランについて

Vimeoの有料プランについて

参考:https://vimeo.com/jp/upgrade

料金体系はPlus(月700円)、Pro(月2,000円)、Business(5,000円)、Premium(7,500円)となっており、PremiumとEnterpriseではライブ配信を行うことも可能です。

法人やクリエーター向けの有料動画配信システムについて

法人向けの 有料動画配信システム とは

Vimeoのように法人やクリエーターが多く利用している有料の動画配信システムについてもさらに詳しくご紹介致します。

有料動画配信システムの主な機能や特徴について

法人向けの動画配信システムは有料のものが多いですが、有料サービスならではの機能も多数あります。

法人向けの動画配信システムの代表的な機能や特徴一覧

  1. 企業向けということもあってサポート対応がしっかりしている
  2. 大規模配信にも負荷分散して対応できるCDNが付いている
  3. 暗号化配信やDRMなどセキュリティを高めた配信に対応している
  4. 動画プレイヤーのカスタマイズに対応している場合もある
  5. 独自の動画広告機能がある
  6. CRMなど他システム連携が可能となるAPIが充実している
  7. 社員向け、会員向けの限定配信機能が付いているサービスもある
  8. LIVE機能が付いているサービスもある
  9. 決済機能が付いているサービスもある

などが挙げられます。

有料ということもあって法人やクリエーターが動画配信を行うのに適した機能が利用できるサービスです。

有料動画配信システム の 選定 ポイント と 比較 まとめ一覧について

【元業界人が解説】法人向け動画配信システムの選定ポイントと比較まとめ

2019年1月3日
動画配信や大規模サイトで使われているCDN (コンテンツデリバリーネットワーク)とは?

動画配信や大規模サイトで使われているCDN (コンテンツデリバリーネットワーク)とは?

2020年10月5日
集合研修やセミナーの代わりにクローズドな環境で動画配信するポイントとは

集合研修やセミナーの代わりにクローズドな環境で動画配信するポイントとは

2020年2月28日
動画ファイルのエンコードとは?エンコードの仕組みについてわかりやすく解説

動画のエンコードの意味とは?動画ファイルの仕組みと合わせて解説

2019年3月28日
従業員の不適切動画投稿を防止するために、社内向け動画教育が効果的な理由とは

従業員の 不適切動画 投稿 を 防止 するために、社内向け動画教育が効果的な理由とは

2019年3月1日
企業向け社内または会員制の動画共有サイトの構築方法と配信のコツとは

企業向け社内または会員制の動画共有サイトの構築方法と配信のコツとは

2019年1月29日
有料動画配信システム の 選定 ポイント と 比較 まとめ一覧について

【元業界人が解説】法人向け動画配信システムの選定ポイントと比較まとめ

2019年1月3日
MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月株式会社Milkyways設立、代表取締役CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はダンスとラーメン。