PMとPMOの違いとは?PMOの役割と求められるスキルの違いについて解説

PMとPMOの違いとは?役割と求められるスキルの違いについて解説

システム開発やコンサルティングを行う上でPMやPMOというポジションや役割がありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

PMとPMOは実務領域で被っている部分も多いですが、それぞれ異なる役割を果たします。

今回はPMとPMOの違い、役割と求められるスキルの違いについてご紹介いたします。

PMとPMOについて

PMはProject Manager(プロジェクトマネージャー)の略称で、PMOはProject Management Office(プロジェクトマネジメントオフィス)の略称です。

PMとPMOはマネジメント権限の大きさが違うことが特徴として挙げられます。

PMOは組織内や大規模プロジェクト内の個別プロジェクトの支援を横断的に行う部門や構造システムマネジメントするのに対し、PMはプロジェクト全体の統括マネジメントをします。

全体の一部をマネジメントするPMOに対し、PMはプロジェクト全体をマネジメントするイメージです。

担当している範囲は違っていても仕事内容については大きな違いは無いことが多く、プロジェクトの進捗管理や品質管理をしっかりと行い、システムや案件を計画通り遂行するという役割は同じになります。

PMOはPMの下支え的な存在で、従来はPM個人の能力に頼っていたプロジェクトマネジメントを組織的にチームでサポートするという関係性です。

大規模なシステム開発プロジェクトにおいて複数のPMOが配置されることも多く、欠かせない存在と言えるのでは無いでしょうか。

PMOの組織形態について

PMOの組織形態について

PMOでよく見かける組織形態は部門としてPMO部があるパターンと、プロジェクト内のPMの下部として配置されているケースです。

部門としてPMO部がある場合は、組織全体のプロジェクトコントロールをする役割が求められることが多く、プロジェクト内に配置されている場合はPMと似た役割で各プロジェクトの進捗管理を担当します。

そこまで大規模では無いプロジェクトの場合にはPMがマネジメントと品質管理を行ってPMOが不在のケースも多いです。

しかし、プロジェクトが大規模になればなるほどPMのみで進捗管理や品質管理をすることが難しくなってくるため、PMOは大規模プロジェクト内の各プロジェクトのマネジメントをチームで担当します。

PMをチームでバックアップしてシステム開発やコンサルティング案件の成功率を上げることが目的です。

PMOの役割とは

PMOの役割は、個別のプロジェクト管理・システムの品質向上・リソースとコストの調整・人材開発など広範囲に及びます。

一言でPMOの仕事を表すなら「品質・進捗管理担当者」です。現場の進捗が計画どおり進んでいるか、バグなど品質問題がないかチェックするのがPMOの仕事です。

大規模プロジェクトにおいて、PM1人がプロジェクトすべての工程に目を光らせることは物理的に不可能です。PMOはPMの代わりに個別のプロジェクトの進捗管理などをして、システム開発が頓挫しないように調整します。

システム開発の標準書の作成や日々の進捗管理・不具合発生時の原因究明や再発防止の徹底もPMOの仕事です。

一言でPMOと言っても担当する仕事の範囲はとても多いです。通常はPMOチームの中で担当作業の分担をしてマネジメントにあたります。

代表的な役割は以下のようなものがあります。

PMOの代表的な役割

  • プロジェクトマネジメント業務の支援
  • プロジェクト間のリソースやコストの調整
  • プロジェクトマネジメント方式の標準化
  • プロジェクトマネジメントに関する研修など人材開発
  • 企業や組織に適した環境の整備
  • その他付随するプロジェクト関連管理業務

PMOのメリットとデメリットとは

PMOのメリットとデメリットとは

PMOを導入するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

PMO導入のメリットとは

プロジェクトマネジメントの知識と技術はITや大規模インフラ事業だけではなく、あらゆる産業・業種・業態で利用でき、ビジネスを飛躍させる原動力になります。

比較的小さいプロジェクトであればPMが全体を管理することも可能ですが、大規模プロジェクトになってくるとそうもいきません。

例えば比較的小さい会社であれば社長だけがマネジメントを行うことも不可能ではありませんが、大企業になってくると部長や課長など中間管理職が組織化されてくるのと似ているのでは無いでしょうか。

最近は、技術の複雑化や働き方の多様化などでPMOの外注企業や、フリーランス・個人事業主として活動しているPMOも増えてきています。

PMOの代表的なメリット

  • プロジェクトマネジメントの進行の最適化
  • プロジェクト優先順位付けおよび経営判断の迅速化
  • プロジェクトマネジメント人材の育成
  • プロジェクト品質の高度化
  • プロジェクトのリスク管理
  • プロジェクトスケジュール管理の品質向上

PMOを導入するデメリット

PMO導入のデメリットは、進捗管理に重きを置きすぎてしまい、コミュニケーション不全や他部署への無関心を引き起こしてしまうリスクです。

また、PMOの人件費は売上に直結するわけではない管理コストの増加に繋がるため、費用が膨らむことにもなります。

ただし、プロジェクトの進捗管理や円滑なスケジュール管理などPMOがいないと上手くいかないケースも多く見受けられるため、結果として導入したほうが良いプロジェクトも多いと言えるでしょう。

もちろんPMOには費用以上の成果や能力が求められます。

PMOのアプローチ方法とは

PMOの役割や職種に加え、PMOがどのように組織のプロジェクト課題に対してアプローチするのか、PMOの活動アプローチ方法を考える必要があります。

コントロール型

プロジェクトマネジャーから各種プロジェクト情報を収集し、プロジェクト情報に関して問題がある場合は改善を求め、改善までの状況の管理を実施するアプロ―チ方法。

支援型

プロジェクトマネジャーからの支援依頼があった際にプロジェクトマネジャーに適切な助言または具体的な支援を実施するアプローチ方法。

指揮型

プロジェクトに問題が発生している場合など、PMOが直接プロジェクトに介入し、プロジェクトマネジャーならびにプロジェクトメンバーに対して指揮するアプロ―チ方法。

PMOに求められるスキル

PMOに求められるスキル

PMOにはコミュニケーション能力、マネジメント能力が最も求められます。

また、WBSの管理やドキュメント関連の作成も多いため、ドキュメント作成能力も必要でしょう。

プログラミングを全て知っているのは必須ではありませんが、工数計算や進捗管理などを把握するためにもプログラミングや開発が分かっていないとエンジニアとコミュニケーションをうまく取るのが難しい場合もあります。

PMO内の役割について

PMOの中にも様々な役割がありますのでそれぞれについて見ていきましょう。

PMOマネジャー

PMOマネジャーはプロジェクトマネジメント業務全般を担います。

PMOマネジャーの代表的な業務内容

  • PMO組織戦略および計画の策定
  • PMO組織予算管理
  • プロジェクト環境管理
  • PMOメンバーの教育
  • PMOメンバーの勤怠・稼動管理

PMOエキスパート

PMOエキスパートはプロジェクト環境やルールの策定、改善をする役割です。

PMOエキスパートの代表的な業務内容

  • プロジェクトパフォーマンス情報の可視化
  • プロジェクトツール類の開発、改善と定着化
  • プロジェクトマネジメント教育および社内定着化
  • 社内プロセスの文書化、定着化
  • プロジェクト利害関係者の満足度向上および維持

PMOアドミニストレータ(PMO事務)

PMOアドミニストレータはプロジェクトに関連する社内プロセスを円滑に進める役割です。

PMOアドミニストレータの代表的な業務内容

  • プロジェクトデータ収集・更新
  • プロジェクト情報共有
  • 書類作成・管理サポート
  • プロジェクトメンバー勤怠・稼動管理
  • 経費処理

大規模プロジェクトではPMOの導入を積極的に検討してみよう

PMOは専門性とコミュニケーション能力、マネジメント能力も必要なため比較的難易度の高い業務と言えるでしょう。

一方で多くの企業が欲しがる人材でもあり、PMOの経験を積むことでPMを任されることもあると思います。

大規模プロジェクトではPMOの導入を積極的に検討してみるのも良いでしょう。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の意味について事例を交えて解説

デジタルトランスフォーメーション(DX)の意味について事例を交えて解説

2020年5月31日
MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月株式会社Milkyways設立、代表取締役CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はダンスとラーメン。