銀行の法人口座の利用目的とは?法人口座は必要かどうか解説

21views

銀行の法人口座の利用目的とは?法人口座は必要かどうか解説

株式会社は資本金が1,000万円以上、今は新設が出来ない有限会社でも資本金が300万円以上でないと法人登記することはできませんでしたが、商法改正によって2006年4月から資本金の制限が撤廃となり、「1円起業」も可能となりました。

個人事業主や1人会社の場合ですと代表者個人の銀行口座で事業を行っている場合も見受けられますが、事業用の法人口座を開設している場合の方が多いです。

今回は法人口座の利用目的と法人口座は必要かどうかについてご紹介いたします。

銀行の法人口座とは

銀行の法人口座は個人名義ではなく法人名義で作成した銀行口座のことです。

株式会社だけではなく、最近増えている合同会社の名義でも申込が可能になります。

ただし、個人の口座とは異なり、法人口座の開設には銀行の審査に通過しなければなりません。

代表者名義の個人口座と法人口座の開設の違いは時間と必要書類になります。

個人の普通預金口座の場合、早いところでは身分証明書と印鑑を持参すると即日で通帳の発行まで完了するところもあります。

法人口座の場合はどこの銀行であっても当日中に開設されることはありません。

すぐに開設できない理由は、個人口座と比べて審査がしっかりと行われているためです。

借入ではなく口座の開設くらいすぐに行っても良いのではないかと思われますが、振り込め詐欺や海外とのマネーロンダリングなどをはじめとする反社会的組織の行動には法人を装って開設した口座が使用されるケースも多く、犯罪防止の観点から金融機関側も慎重にならざるを得ません。

実態がある法人で反社会的組織との関わりがないといった審査をもって初めて法人口座を開設することができます。

銀行の法人口座の利用目的とは

銀行の法人口座の利用目的とは

銀行の法人口座の利用目的とはどのようなものになるのか見ていきましょう。

事業用資金の入出金

一番の目的は事業用資金の入出金でしょう。

個人口座で法人の取引をしても問題はありませんが個人のお金と混在してしまったり、取引先からの入金の際に法人名ではなく個人名義だと理由を聞かれる場合もあるかもしれません。

個人と法人口座はしっかりと分別して分けておくことがオススメです。

なお、個人事業主の場合には普段使っている口座と別に事業用の口座を作っておいた方が確定申告や会計の処理をしやすくなると思います。

事業用資金の決済

カードの支払いや銀行引き落としの際に法人口座から決済を行う方法です。

法人カードを作る場合には個人名義の銀行口座では作れない場合が多く、カードの名義と銀行名義が一緒でないとダメなケースも多いでしょう。

中小企業に人気のおすすめの法人カードと審査基準とは

2020.04.27

法人クレジットカードが作れない理由と審査基準とは?会社設立後 でも審査は通るか?

2019.04.19

事業用資金の借入

会社で銀行から借入を行うには個人名義では借入ができません。

まずは法人口座を開設してからの取引となります。

新しく開設するよりも、既に口座があって過去の取引履歴が残っている方が銀行としては信用性が高まりますので、借入を考えている場合には早めに法人口座を開設しましょう。

法人の銀行口座は必要かどうか

法人の銀行口座は必要かどうか

個人事業主から法人にした場合や一人会社の場合に起業後も同じ口座を使用し続けることは違法ではありませんが、会社名で入出金できる法人口座の開設をしておいた方が良いと思います。

私も会社設立後は個人口座と法人口座両方を使っていたのですが、今では分別して使用をしています。

法人の銀行口座が必要な理由について見ていきましょう。

経理、会計の処理が面倒な場合がある

個人と法人の口座を分けておかないと経理、会計の処理が面倒な場合があります。

例えばどちらのお金なのかわからなくなったり、会計ソフトを利用している場合に混在してしまって後から修正すると時間がかかってしまうことも考えられます。

取引で信頼性を損なわない

法人の取引先や一般消費者から見ると、初めて利用する会社の請求書や振込先に個人名義の入金先が記載されていると一瞬不安になるかもしれません。

取引先と問題なく付き合いができたとしても、税務署から資金の混在を疑われる可能性も出てきます。

実際の利用状況に関係なく、代表者名義の一般口座使用は、個人資産と会社資産を混同させていると見なされる可能性があります。

特にBtoCの場合、振込先が個人名義ですと法人になっているのかどうかわからないと思われてしまうでしょう。

社会的信用につながる

個人事業主や業務委託のフリーランスとの取引に慣れている企業でしたら、個人名義の口座を使用していても契約に特に問題はありません。

ただし、大企業では、法人口座を持たない相手との取引をコンプライアンス上の理由で避けている場合も見受けられます。

特にメガバンクで法人名義の銀行口座を持っておくと、取引先からの信用を得る武器となることもあるでしょう。

法人口座のメインバンクの選び方、付き合い方

会社のメインバンクを選ぶ際には通いやすい距離に店舗があることや、入出金のしやすさなどを考慮して決めることが多いです。

ネットバンクは簡単に利用が出来るため入出金において非常に便利ですが、借入に対応していないことや手続きによってはネットバンクで対応していないケースもありますので、メガバンクとネット銀行と複数の種類の銀行に申し込みを行った方が口座開設のリスク分散にも繋がるためおすすめです。

メガバンクや地銀のネットバンクはネット銀行と比べると非常に使いにくく、Macに対応していない場合も多いためネット銀行を一つは持っておいた方が良いと思います。

法人口座を作成する際には一つだけでは審査に落ちてしまうこともありますので、複数の銀行で申し込みを行っておくことをおすすめいたします。

合同会社は銀行の法人口座開設ができない?株式会社と比べて不利なのかを解説

2019.12.22

会社設立後 におすすめの銀行法人口座開設 ! メガバンク / ネット銀行 / ゆうちょ銀行徹底比較

2019.10.18

【経営者が選ぶ】法人・個人事業主に人気のネット銀行の振込手数料と特徴の比較

2019.04.14
MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月合同会社Milkyways設立、代表社員CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はサルサとラーメン。