GMOあおぞらネット銀行で法人口座を開設してみた!審査と申し込み方法、評判について解説

4,682views

GMOあおぞらネット銀行 で 法人口座 を開設してみた!審査と申し込み方法について解説。

法人で利用できるネット銀行は楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行あたりが有名ですが、 GMOあおぞらネット銀行 が2018年7月に新しくできたのはご存知でしょうか。

後からの参入ということもあり、実は今一番おすすめできる法人向けのネット銀行がGMOあおぞらネット銀行とも言われています。

実際にGMOあおぞらネット銀行で 法人口座 を開設してみた際に感じた、審査と申し込み方法やサービスについてご紹介いたします。

GMOあおぞらネット銀行 について

GMOあおぞらネット銀行は老舗IT企業である GMOインターネットグループ と あおぞら銀行 の合弁会社となります。

似たようなネット銀行ですと、住友信託銀行とSBIの合弁会社である住信SBIネット銀行になるでしょうか。

『「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、あらゆるサービスにテクノロジーを活かしお客さまに提供します。』ということを掲げていることから、ITを利用した利便性の高いネット銀行を目指していることが伺えます。

ご参考までに各社についても見ていきましょう。

GMOインターネットグループ について

GMOインターネットグループ

GMOインターネットグループ は1991年に設立し1995年よりインターネット事業を開始。インターネットインフラ事業を中心とし、グループ全体でインターネット広告·メディア事業、インターネット金融事業、モバイルエンターテイメント事業を営んでいます。グループ会社には、FX取引高世界一のGMOクリック証券も含まれます。

GMOインターネットといえば、サーバの他にもドメイン管理の「お名前.com」、ECシステムの「MakeShop」、決済事業の「GMOペイメントゲートウェイ」などを展開していることでも有名です。

サービスを利用している企業や個人事業主の方も多いのではないでしょうか。僕もドメインは お名前.com で管理をしています。

引用 : GMOインターネットグループ

あおぞら銀行 について

あおぞら銀行

あおぞら銀行 は1957年に長期信用銀行法に基づき日本不動産銀行として設立し、 日本債券信用銀行 を経て、2001年に現在のあおぞら銀行に行名を変更しました。

60年という長きに渡り銀行業を営んでおり、2006年に普通銀行に転換して同年、東証一部に再上場しています。

引用 : あおぞら銀行

GMOあおぞらネット銀行の会社情報

GMOあおぞらネット銀行の株主を確認してみると、

<持株比率>

株式会社 あおぞら銀行 91.20%
GMOインターネット 株式会社 4.40%
GMOフィナンシャルホールディングス 株式会社 4.40%

となっていることから、実質あおぞら銀行が中心であることがわかります。

もちろん法人口座だけではなく、個人口座も開設が可能ですが、今回は法人口座についてご紹介いたします。

なお、ビジネス口座は法人だけでなく、個人事業主でも口座開設が可能となっております。

GMOあおぞらネット銀行法人口座の特徴

GMOあおぞらネット銀行 の 特徴

ここからはGMOあおぞらネット銀行の特徴について見ていきましょう。

手数料が安い

GMOあおぞらネット銀行の手数料は同行内で無料など、ネット銀行の中でも安いことが挙げられます。

月額基本料、法人口座利用料といったものも無料でかかりません。ご参考までに大手ネット銀行の手数料を比較してみました。

銀行名GMOあおぞらネット銀行住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行楽天銀行
月額基本料無料無料無料無料
同行内振込手数料 無料 50円 55円 52円
他行振込手数料 3万円以下:166円
3万円以上:261円
3万円以下:160円
3万円以上:250円
3万円以下:176円
3万円以上:275円
3万円以下:168円
3万円以上:262円
利用可能時間24時間365日24時間365日24時間365日24時間365日
店舗
開設の日数審査1〜2週間審査1〜2週間審査1〜2週間審査1〜2週間

GMOあおぞらネット銀行では、

  • 自行あて:無料
  • 他行あて(3万円未満):166円
  • 他行あて(3万円以上):261円
  • とお得な手数料になります。

    サブスクリプションプログラムのGMOあおぞらプライム

    GMOあおぞらプライムとは

    GMOあおぞらプライムとは国内銀行で初めてとなる法人口座向け振込手数料のサブスクリプションプログラムです。

    毎月末日に翌月分の月額利用料(税込み1,980円)を支払うことで、他校宛の銀行振り込み手数料が一律で180円(税込)/件とお得な振り込み手数料体系プログラムが可能になります。

    法人口座をお持ちの方であれば簡単なお申込で即時にご利用可能です。

    なお、法人口座を作っても必ずしもGMOあおぞらプライムに入らなければいけないわけではなく、途中で切り替えも可能になっています。

    10月31日までは月額利用料1,980円が無料となるキャンペーンもやっていますので、まだGMOあおぞらネット銀行で法人口座を持っていない方であれば、この機会にまずは口座開設の申込をしてみましょう。

    GMOあおぞらネット銀行法人口座のプレミアムサービス「GMOあおぞらプライム」の手数料や評判について解説

    2020.08.11

    デビットカードで1%のキャッシュバック

    GMOあおぞらネット銀行 のデビットカード

    キャッシュカードにVisaのデビットカード機能が付いています。

    デビットカードで支払った場合には、その場で口座から利用金額が引き落とされます。

    法人でクレジットカードの作成がまだの場合にも利用が可能ですので、口座開設時にセットで申し込んでおくこともおすすめです。

    また、カード利用金額の1%がキャッシュバックされるので、現金取引よりもお得となります。

    キャッシュバック率1%は、他のデビットカードと比べてもかなり高く、非常に大きいメリットと言えるでしょう。

    楽天銀行のビジネスデビットカードも、キャッシュバック率は1%となっていますが、「紛失・盗難時の不正利用に対する保障」が一切ありません。

    GMOあおぞらネット銀行のデビットカードでは最大1,000万円の不正利用に対する保険がついていますので、いざという時にも利便性が高いと考えられます。

    デビットカードは法人、個人事業主ともに発行可能で、1社あたり最大20枚まで発行可能で手数料も年会費も無料です。

    私も以下の写真のようにデビット機能付きキャッシュカードを作りました。

    GMOあおぞらネット銀行  ビジネスVISAデビットカード

    固定電話不要で申し込みが可能

    ネット銀行の場合、固定電話がないとそもそも法人口座開設の申し込みができないところもあります。

    固定電話が不要で申し込みができるというのは、僕のように固定電話を持っていない企業からすると非常にありがたいことです。

    最近ではわざわざ固定電話を最初から契約する企業は多くはないのですが、銀行としては連絡が取れなくなることを恐れていたり、昔の名残もあるようで信用性について担保ができないと判断されることにも繋がりかねないようです。

    ネットバンキングでは残念ながら 楽天銀行 と 住信SBIネット銀行 は固定電話以外の入力ができませんので、GMOあおぞらネット銀行か、ジャパンネット銀行でお申込みするという選択肢となります。

    入金の消し込みが楽になる

    振込入金口座を利用することで注文ごとや顧客ごとに振込入金口座を割り当てることができるため、同姓同名の方や家族名義での振込などでも正しく入金の内訳管理を行うことが可能になります。

    入金の消し込み作業が軽減できることとミスを減らすことにもつながるでしょう。

    セキュリティも充実

    気になるネット銀行のセキュリティに関してもセキュアな環境で利用できます。

    電子証明書などの対策をはじめ、 GMOインターネット で培っているセキュリティ技術が生かされていると考えられます。

    振込の際には登録してあるメールアドレスにトークンが届きますので、こちらを入力しないと振り込めないようにもなっております。

    セキュリティも充実

    提携ATMで24時間の入出金にも対応

    提携ATMで24時間の入出金にも対応

    ネット銀行では店舗窓口が無いため、入金や出金は提携しているATMから行います。

    現在、提携ATMとなっているのはゆうちょ銀行セブン銀行イオン銀行です。

    ATMからの入金・出金には100円+消費税の手数料がかかります。

    より詳細にGMOあおぞらネット銀行についてご確認したい方は、GMOあおぞらネット銀行の法人口座についてマーケティング担当者さんにインタビューした以下の記事もオススメです。

    GMOあおぞらネット銀行の法人口座についてマーケティング担当者さんに聞いたサービスの特徴とは

    2020.03.25

    GMOあおぞらネット銀行のUI、UX

    GMOあおぞらネット銀行管理画面

    上記の画像がログイン後の画面です。

    GMOあおぞらネット銀行のUI、UXですが、メガバンクなどと比べてもシンプルで使いやすいデザインと言えるでしょう。

    今のところ使い勝手が悪いと感じているところはありません。

    ネット銀行のデメリット

    GMOあおぞらネット銀行だけに限らず、ネット銀行の方が手数料関連が安いというメリットがありますが、一般的なネット銀行のデメリットとしては

    • 融資に利用しにくい
    • 税金の還付口座として指定できない
    • 社会保険の引落口座として指定できない
    • といったこともありますので、予め頭に入れておきましょう。

      GMOあおぞらネット銀行の審査について

      GMOあおぞらネット銀行の審査について

      GMOあおぞらネット銀行の法人口座の審査ではどのようなところがポイントになるのでしょうか。

      私が審査の時に感じたことと、GMOあおぞらネット銀行の法人口座についてマーケティング担当者さんにインタビューした内容を踏まえて見ていきましょう。

      社歴は関係ないので会社設立後でも大丈夫

      会社設立後のように社歴が浅い会社は実績がないため一般的に信用性が低くなってしまいます。

      ただ、GMOあおぞらネット銀行ではIT系などのスタートアップ企業の方からも多くのお申込があり、中には会社設立直後の方でも口座解説が出来ているということでしたので、社歴が浅くても自信を持っていきましょう。。

      事業内容と会社の実態がわかることが重要

      法人口座の開設審査でどこの銀行でも共通して重要なポイントが事業内容と会社の実態がわかることになります。

      例えば最近は横文字系の会社名も多く、自社サイトがない場合にはどんな事業をやっているのかわからない場合も少なくありません。

      また、サイトもLPのように1枚ページで情報が少ない場合も事業内容の判断がつきにくいようです。

      会社設立した間際でもなるべく自社サイトや会社概要のような事業の実態を伝えられるコンテンツを充実させるようにしましょう。

      固定電話は不要

      上記でも記載いたしましたが固定電話は必須ではありません。

      一度審査に落ちても再度申し込みが可能

      一度審査に落ちてしまうとどれくらい間をあければ良いか気になると思いますが、再度申込みをすることも可能です。

      意外とすんなり行くのは事業内容の実態が分かりにくい場合、自社サイトを充実させたり会社概要の資料を作成することで事業内容がしっかりと確認できる場合のようでした。

      GMOあおぞらネット銀行の口座開設手順について

      メガバンクと比べてネット銀行の方が振込手数料が安く、口座維持手数料もかからないため一つは持っておいても良いと思います。

      ただ、ネット銀行の方が法人口座を作る際に審査基準が緩いと思われがちですが、必ずしもそうとも言い切れませんのである程度しっかりと準備しておきましょう。

      なぜかというとネット銀行の場合には対面でのやり取りがない分、会社としてスコアリングが悪いと面談による挽回の余地が無いからです。

      口座開設の手順は以下のようになっており、まずは口座開設申し込みと必要書類を用意しましょう。

      GMOあおぞらネット銀行お申込の流れ

      GMOあおぞらネット銀行で法人口座の開設申し込みに必要な書類

      GMOあおぞらネット銀行で法人口座の開設申し込みに必要な書類は以下の6点となります。

      法人の 口座開設申込書

      会社設立後 に おすすめ の 銀行 法人口座 開設 ! GMOあおぞらネット銀行

      参考 : GMOあおぞらネット銀行

      まずは法人口座開設の申し込み書類を作成しましょう。

      法人の口座開設申込書は必要事項を記入するとPDF化されて出来上がるので、印刷して下記のように印鑑を押して郵送すれば完了となります。

      GMOあおぞらネット銀行 法人の口座開設申込書

      履歴事項全部証明書 ( 登記簿謄本 )

      発行日から6ヶ月以内の原本となります。 現在事項証明書では受付がダメなようですので注意しましょう。

      法人の印鑑証明書

      上記の登記簿謄本と同様に発行から6ヶ月以内の原本が必要です。

      法人の印鑑証明書の取得について

      履歴事項全部証明書 、 印鑑証明書 を取得する際には法務局で行うこととなりますが、法人の印鑑カードを忘れてしまうと取得できませんので忘れずに持っていきましょう。

      ご担当者の本人確認資料

      運転免許証や 住民基本台帳カード ( マイナンバーカード )、パスポートなどになります。

      事業内容等が確認できる書類

      HPやWEBサイトの他、会社案内のパンフレットやチラシなどが使えます。

      もしない場合には請求書、発注書、受注書、納品書等でも可能と記載がありますが、仕事でも使う必要性が高いものですので、出来るだけ準備をしておきましょう。

      法人番号指定通知書

      法人を設立した際に法人番号指定通知書をもらうこととなりますが、こちらの写しか法人番号印刷書類が該当します。

      法人番号印刷書類 は国税庁 法人番号公表サイト でダウンロードが可能です。

      参考:国税庁 法人番号公表サイト

      上記の提出書類をGMOあおぞらネット銀行に郵送後、最短1営業日で審査が完了して、さらに最短2営業日でキャッシュカードの発送が行われるようです。

      つまり、早ければ銀行口座開設の申し込みから開設まで、1週間程度で完了します。会社設立後のような銀行口座を早く開設したい場合にもおすすめです。

      メガバンクの法人口座開設は早くても2週間以上はかかることが多く、実際に僕も三菱UFJ銀行で申し込みから口座開設完了まで1ヶ月ほどかかりました。

      個人事業主 の口座開設に必要な書類について

      個人事業主の口座開設に必要な書類

      個人事業主でもGMOあおぞらネット銀行のビジネス口座を開設可能です。

      ただし、個人事業主のビジネス口座を開設する前には個人口座の開設が必要になります。

      個人口座を開設した後に、「サービス利用状況」のページから「個人事業主の口座開設」を選択して申し込みます。

      口座開設には、それぞれ1点ずつ必要書類を用意しましょう。

      1. 個人事業開業届出書、青色申告承認申請書、確定申告書、納税証明書など
      2. 事業内容がわかるホームページのURL、事業がわかるパンフレットやチラシなど

      個人事業主の口座開設では郵送だけではなく、必要書類を 「アップロード」 で提出することもできます。

      法人で1つはネット銀行を持っておくことがおすすめ

      法人の銀行口座を作る際にはどこの銀行で作るか迷う方も多いと思いますが、手数料の安いネット銀行をメインで利用しつつ、必要に応じてメガバンクを利用することがおすすめです。

      ただし、資本金が低くて法人オフィスがない場合にはネット銀行の方が断られやすいケースもあるので注意しましょう。

      GMOあおぞらネット銀行はその中でも新しいネット銀行ということで、積極的に法人口座の開設を行っていると予想されます。

      口座開設は無料ですので、気になる方はお申し込みをしてみましょう。

      会社設立後 におすすめの銀行法人口座開設 ! ネット銀行 / メガバンク / ゆうちょ銀行徹底比較

      2019.10.18

      決算書不要!会社設立後 に おすすめ の 法人向け クレジットカード 比較 まとめ

      2018.12.30

      法人 で PASMO や SUICA などの 電車代 オートチャージ と 口座引き落としのやり方とは

      2018.10.31
      MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月合同会社Milkyways設立、代表社員CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はサルサとラーメン。