GMOあおぞらネット銀行の法人口座で審査落ちした際に考えたい理由と対処法とは

264views

GMOあおぞらネット銀行の法人口座で審査落ちした際に考えたい理由と対処法とは

銀行の法人口座の中でネット銀行を考えている場合には、GMOあおぞらネット銀行の法人口座(ビジネスアカウント)を候補として挙げている方も多いでしょう。

私もGMOあおぞらネット銀行で銀行口座の開設を申し込み現在も利用しています。

今回はGMOあおぞらネット銀行の法人口座で審査落ちした際に考えたい理由と対処法についてご紹介いたします。

GMOあおぞらネット銀行とは

GMOあおぞらネット銀行  ビジネスVISAデビットカード

GMOあおぞらネット銀行は老舗IT企業であるGMOインターネットとGMOフィナンシャルホールディングス、あおぞら銀行の合弁会社となります。

似たようなネット銀行ですと、住友信託銀行とSBIの合弁会社である住信SBIネット銀行になるでしょうか。

『「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、あらゆるサービスにテクノロジーを活かしお客さまに提供します。』ということを掲げていることから、ITを利用した利便性の高いネット銀行を目指していることが伺えます。

より詳細にGMOあおぞらネット銀行についてご確認したい方は、以下の記事もオススメです。

GMOあおぞらネット銀行の法人口座についてマーケティング担当者さんに聞いたサービスの特徴とは

2020.03.25

GMOあおぞらネット銀行で法人口座を開設してみた!審査と申し込み方法、評判について解説

2019.04.10

GMOあおぞらネットの法人口座で審査落ちした際に考えたい理由

GMOあおぞらネットの法人口座で審査落ちした際に考えたい理由

GMOあおぞらネット銀行の法人口座で残念ながら審査落ちしてしまった際に考えたい理由について見ていきましょう。

事業内容がわかりにくい

最近では自分の会社も含めて横文字系の会社名が多く、社名を聞いただけで何をやっているのかわからない会社も多いと思います。

銀行の審査を受けるにあたって、どのような会社で事業内容は何かということをある程度明確にしておく必要があります。

ネット銀行は口座開設のための面談がないため、会社の実態を示すためにも独自ドメインのホームページや、場合によってはパンフレットや会社紹介資料なども事前に用意しておいた方がよいでしょう。

とある銀行員の方に、他の審査項目は問題がないにも関わらず、事業内容がわかりにくいため資料を一部変更したり加筆するだけで審査が通ることが結構あると言われましたので、口座申し込みの前に対応しておきましょう。

資本金額が少ない

昔は資本金が1,000万円以上でないと株式会社を登記することはできませんでしたが、商法改正によって2006年4月から「1円起業」も可能となりました。

しかし、資本金があまりにも低い金額で設立した会社は社会的信用を得られにくい場合もあります。

低い目安は業種や規模によっても異なりますが、目安として100万円以上は資本金を準備しておいた方がよいでしょう。

登記住所が自宅やシェアオフィス

登記住所が自宅やシェアオフィス

オフィスの実態があるかどうかは法人口座の審査で銀行が注視するポイントの一つです。

法人口座の開設申し込み時に提出する書類の一つに登記簿謄本(正確には現在事項証明書)がありますが、記載されている登記住所が自宅やバーチャルオフィス、シェアオフィスの場合には信用性が高いとは言えなくなります。

オフィスを借りるというのはそれなりに費用と信用性が必要になるため、銀行としても審査においてプラスとなりやすいでしょう。

銀行の法人口座の審査が落ちて開設が断られた場合の対処法

銀行の法人口座の審査が落ちて開設が断られた場合の対処法

せっかく法人口座に申し込んだとしても残念ながら審査に落ちてしまう場合もあります。

落ちてしまった際には理由を考えることも必要ですが、例えば資本金が低くても手持ちのお金に余裕がない場合などすぐに解決が難しいこともあるでしょう。

法人口座の審査が落ちて開設が断られた場合の対処法について見ていきましょう。

他の銀行に申し込んでみる

一つの銀行に落ちてしまってもまだ諦めるのは早いです。

銀行の審査基準は共通点も多いですが銀行によっても異なりますし、独自の審査基準を設けている場合もあります。

まずは優先順位をつけた上で申し込みを行ってみるのが良いと思いますが、もし落ちてしまった場合でも一旦他の銀行に申し込んでみることを検討してみましょう。

落ちた理由を考えて対処できるところを見直す

落ちた理由で見当がつきそうなものがあれば対処することも重要です。

独自ドメインのサイトがなければ作成してみた方が良いですし、業務内容が分かりにくければパンフレットを作成して担当者に渡すのも効果的かもしれません。

少し時間をあけてみる

緊急に法人口座が必要なければ少し時間をあけてみてから申し込みを行うことも一つの手段です。

その間に売上が上がれば信用性が高まることにも繋がりますし、利益が出れば資本金が少ない場合には増資を行うことも検討してみましょう。

同じ銀行の場合には少なくとも半年くらいは開けた方が良いと思いますが、他の銀行への申し込みの場合にはもっと短くても良いと思います。

落ちた理由と審査基準を踏まえて対策をしよう

上記でご紹介したようなことが理由でGMOあおぞらネット銀行に落ちてしまう方もいると思いますが、落ちた理由と審査基準を抑えて対策をしてみましょう。

一度審査に落ちてしまってもしばらくしてから再度申し込みをすることもできますので、あまり気張らずに申し込みをしてみても良いでしょう。

法人口座開設のハードルは個人口座と比べて高めですが、設立して間もない会社でも銀行口座の開設はできますので、何回かチャレンジしてみて開設を目指してみると良いと思います。

会社設立後 におすすめの銀行法人口座開設 ! メガバンク / ネット銀行 / ゆうちょ銀行徹底比較

2019.10.18

銀行の法人口座が最短で開設できる日数と時間、開設が早いオススメの銀行とは

2019.07.04

【経営者が選ぶ】法人・個人事業主に人気のネット銀行の振込手数料と特徴の比較

2019.04.14

決算書不要!会社設立後 に おすすめ の 法人向け クレジットカード 比較 まとめ

2018.12.30
MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月合同会社Milkyways設立、代表社員CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はサルサとラーメン。