ITフリーランス向け!テックビズカードの特徴と年会費、審査基準について

55views

ITフリーランス向け!テックビズカードの特徴と年会費、審査基準について

テックビズカード(Tech Bizカード)はITフリーランスに特化したクレジットカードです。

WEBで簡単に申込みができ、独立したばかりの個人事業主や隙間時間で副業をされている方でも利用することができるため人気のカードになります。

今回はテックビズカードの特徴と年会費、審査基準についてご紹介致します。

テックビズカードとは

テックビズカードとは

引用:テックビズカード

テックビズカードは株式会社NKC ASIAが発行しているクレジットカードです。

ITフリーランスに特化したビジネスゴールドカードで、ビジネスカード分野ではトップクラスの還元率最大1.1%となっています。

年会費は初年度無料、次年度以降も2,000円(税抜)とお手頃になっており、 ITフリーランスの活動をサポートする特典を数多く取り揃えていることから注目が集まっています。

テックビズカードのスペック

テックビズカードはオリコのEX Gold for Bizをベースに作られている提携カードでゴールドカード1種類になります。

テックビズカードのスペック

カードのブランドはグローバルでも安心して利用ができるMastercard、ポイント還元率が最大1.1%、旅行損害保険やショッピング保険も受けられるコスパの良いカードと言えます。

オリコEX Gold for Biz 法人カードの特徴と年会費、審査基準とは

2019.10.29

テックビズカードの特徴

テックビズカードの特徴

テックビズカードの特徴について見ていきましょう。

初年度は年会費が無料!

テックビズカードはゴールドカードとしてはお手頃な年会費が特徴で初年度無料、次年度以降も2,000円(税抜)と独立したてで費用をあまりかけたくない場合にもおすすめです。

カードのブランドはMastercard

カードはMastercardと国際的なカードブランドですので、日本国内はもちろん、世界各国で利用することができます。

1枚持っておけばどこで利用するにしても困ることは非常に少ないでしょう。

コンタクトレス決済対応

Mastercardコンタクトレス搭載しているため、端末にカードをかざすだけで決済ができる利便性の高いサービスです。

似た機能を持つものにSuicaやPASMOなどの交通系ICカードがありますが、これらのカードは日本でしか使用することができません。

Mastercardコンタクトレスは海外の店舗でも使用することができ、なおかつ事前のチャージや会計時のサイン、暗証番号の入力は不要です。

海外で支出をするときには外貨から日本円への計算が何かと面倒なものです。

コンタクトレス決済を利用することにより、そのような手間から解放され、海外で発生する経費を手軽に支払うことができます。

テックビズカードの付帯サービス

テックビズカードの付帯サービスについて見ていきましょう。

クラウド会計ソフトfreeeが2か月無料

クラウド会計ソフトfreee(フリー)の標準プランの利用期間を2か月無料で延長することができます。

freeeは近年シェアを大幅に伸ばしているサービスで、帳簿や決算書の作成をクラウド上で簡単に行うことができます。

テックビズカードとfreeeを連携することにより、会社の経理処理の効率化が劇的に進むことが期待できます。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)の特徴、費用、使い方について経営者が解説

2020.07.10

Mastercardビジネスアシスト

Mastercardビジネスアシストは様々な業者との提携によってビジネスに関する割引やサービスを受けられるもので、ホテル、ハイヤー、会計ソフト、レンタルオフィスといったサービスについて特典を受けることができます。

空港ラウンジサービス

空港ラウンジサービス

国内主要空港のほか、ハワイのダニエル・K・イノウエ空港(旧ホノルル空港)、韓国の仁川空港などのラウンジを利用できるサービスです。

フライト前に込み合って騒がしいロビーではなく、落ち着いた空間でくつろぐことができます。

ラウンジにはフリードリンクや新聞、雑誌が提供されており、Wi-Fiを利用することができるのが一般的です。

日本国内でラウンジが設置されているのは以下の空港です。

新千歳、函館、青森、秋田、仙台、成田、羽田、富士山静岡、中部、新潟、富山、小松、伊丹、関西、神戸、岡山、広島、米子、山口宇部、高松、徳島、松山、福岡、北九州、大分、長崎、熊本、鹿児島、那覇

海外旅行傷害保険が付帯される

最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されることが特徴です。

  1. 何度海外に出掛けても適用される
  2. 家族に対しても所定の補償が付帯される
  3. ホテルの階段から落ちて足をネンザした、腹痛で入院した、といったケガや病気に関わる治療費、入院費などを補償
  4. カメラなどの携行品を盗難された場合や、ホテルのカーペットを汚してしまって損害賠償責任が発生した場合などの補償

国内旅行傷害保険が付帯される

最大1,000万円の傷害保険が付帯されることが特徴です。

さらに家族特約も付いているので、プライベートでの家族旅行の際にも安心です。

テックビズカードの審査基準と申込必要書類について

テックビズカードの審査基準と申込必要書類について

テックビズカードの審査基準はITフリーランスを対象にしたカードということで、個人事業主やフリーランスでも審査に通る可能性が高いと言えるでしょう。

カード会社によっては独立したばかりの個人事業主は信用度が低いため、なかなか審査が通らないこともありますが積極的に申し込みをしたいカードです。

申込必要書類について

テックビズカードの申込に必要な書類は以下になります。

  1. 申込書類
  2. 本人確認書類

テックビズカードのお申し込みにはテックビズIDが必要となりますので、お持ちでない方は新規会員登録をまずは行いましょう。

webから簡単に申し込みが可能です。

カード会社(Orico)から郵送されてきた書類を確認し、必要書類と一緒に返送すれば完了となります。

コスパの高いビジネスゴールドカード

テックビズカードは高いポイント還元率、クラウド会計ソフトのお得な利用や空港ラウンジの利用、傷害保険といったサービスが充実している一方で、年会は税別2,000円とコスパの高いカードと言えるでしょう。

フリーランスのエンジニアやデザイナー、ディレクターの方などはぜひ利用を検討したいクレジットカードです。

MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月合同会社Milkyways設立、代表社員CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はサルサとラーメン。