銀行の法人口座とは?起業したら知っておきたい一般口座、個人口座との違い

26 PV

銀行の法人口座とは?起業したら知っておきたい一般口座、個人口座との違い

法人での取引では法人口座を利用することが一般的です。

銀行口座には法人口座と一般口座・個人口座があります。

今回は法人口座と一般口座の違いや、法人口座と開設するメリット、口座の開設方法についてご紹介いたします。

法人口座とは

法人口座とは名義人が会社名の口座のことです。

法人口座を開設することで会社の財産と代表者個人の財産とを明確に区別することができます。

法人口座には会社名のあとに「株式会社×××× 代表取締役○○○○」などと代表者の名前が入っている場合もありますが、登記された代表者の名前がついているだけで個人口座ではありません。

このように代表者名がついている法人口座は代表者が代わると、法人名はそのままで代表者名を変更していく必要があります。

法人口座と一般口座の違い

法人口座と一般口座の違い

口座には大きくわけて法人名の法人口座と、個人名のついた一般口座があります。

個人事業主では自分の名前のついた口座を使っている場合もあるかもしれませんが、屋号で口座を作れる銀行もあります。

個人事業主がもつ屋号口座は開業届を税務署に提出して屋号を個人口座の名義につけたもので、個人事業主が法人成りして登記した場合に開設することができる法人口座とは違います。

近年では個人事業主やフリーランスの方も増えてきており、屋号で口座開設できるおすすめのネット銀行を纏めました。

フリーランス、個人事業主が屋号で口座開設できるおすすめのネット銀行3選

フリーランス、個人事業主が屋号で口座開設できるおすすめのネット銀行3選

2018年12月18日

法人口座のメリットとは

法人口座にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

フリーランスが増加している昨今では、法人口座がないと取引しないという取引先も減ってはきていますが、法人口座を開設するメリットについて見ていきましょう。

会社の信用力アップ

法人口座を利用することで会社の資産と代表者の財産を区別して管理していると示すことができます。

また、実体のある企業だと認識され新規取引などがスムーズに進みやすくなります。

融資を受けやすくなる

複数の法人口座をもっていればメインバンクに融資を断られても他の金融機関に相談することができます。

金融機関によっては法人口座を開設すると法人担当がつきますので融資の相談がしやすくなります。

クレジットカードを作りやすい

法人のクレジットカードは引落口座の名義が法人でない場合は代表者の個人保証を求められる場合があります。

法人口座を有していることで、金融機関の審査を通った会社だと認識されるのでカード取引がしやすくなります。

会社設立後 に おすすめ の クレジットカード 比較 と 審査 について

決算書不要!会社設立後 に おすすめ の 法人向け クレジットカード 比較 まとめ

2018年12月30日

手数料の交渉ができる可能性も

金融機関に法人口座をもつと各種の手数料の交渉ができる可能性があります。

取引先への代金の支払いや従業員への給与振り込みなどを一定量行うことで手数料を交渉するのです。

預金保険制度(ペイオフ)の活用

金融機関が破綻した場合は預金保険制度により普通預金は1,000万円までしか保護されませんが、当座預金や利息のつかない決済用預金は全額保護され、もしもの時に大切な事業資金を守ることができます。

個人でも当座預金は開設できますが審査のハードルは高く、利息がつかないうえに口座をつくるにも手数料が必要なので個人で口座を持つメリットはあまりありません。

ただし、当座預金の口座は会社の信用力がそれなりに無いと作れないため、会社設立後すぐには開設が出来ません。

法人の銀行口座開設の際に知っておきたい普通預金と当座預金の違い

法人の銀行口座開設の際に知っておきたい普通預金と当座預金の違い

2020年5月8日

法人口座が作ることができる金融機関について

法人口座は複数の金融機関に開設できますし、ネットバンクなど使い勝手の良い便利なものもあります。

法人口座を開設できる金融機関には次のような種類があります。

都市銀行(メガバンク)

大都市に本店があり全国の主要都市に支店をもつ銀行です。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行を指し、取引先からの信用を得やすいメリットがあります。

法人口座の開設の際の審査は厳しめで手数料などのコストも割高です。

メガバンクで銀行法人口座を開設する前に必ず読んでおきたい面談の内容と対策について

メガバンクで銀行法人口座を開設する前に必ず読んでおきたい面談の内容と対策について

2019年12月18日
メガバンクでの口座開設にかかる時間

ベンチャーでも 三菱UFJ銀行 で法人口座 を開設!審査のコツと申し込み方法について詳しく解説。

2019年5月1日

地方銀行

都道府県単位で展開する地域に根ざした銀行です。地盤としている地域に多くの店舗をもちATMも充実していて利便性の高さが魅力です。

地域密着型のサービスを提供しており、地元の情報を得ることができビジネスマッチングの相談にも応じてくれます。

信用金庫

特定地域における会員出資によって作られている金融機関です。

地元の企業支援に力をいれています。法人会員は法人担当がつき手厚くフォローしてくれるメリットがあります。

法人口座を開設するには、営業地域に事務所があることが前提となり、法人口座を開設するには従業員300人以下または資本金9億円以下の条件があります。

信用組合

信用組合には「地域信用組合」「業域信用組合」「職域信用組合」があり、出資した組合員で作られた金融機関です。

組合員の経済的地位の向上を目的としています。

法人口座を開設するには、基本的に従業員300人以下または資本金3億円以下の条件がありますが業種により条件はかわり、卸売業は100人または1億円・小売業は50人または1億円・サービス業は100人または5千万円となります。

ネット銀行

事業所があれば法人口座の開設が比較的しやすく、ネットやコンビニで365日24時間利用可能で実店舗を持つ銀行より総じて手数料が安いのが魅力です。

担当者がつかず対面取引でないため融資の相談や手数料の交渉をすることができないデメリットがあります。

私の会社ではGMOあおぞらネット銀行を利用しており、月額費用が無料で振込手数料も145円と一番安いためおすすめです。

会社設立後すぐに口座を開設できた方も多く、設立1年未満の法人口座については2021年12月1日より、他行宛て振込手数料が月20回まで無料となる特典も新設されました。

GMOあおぞらネット銀行の法人口座は振込手数料が最安!新設法人には特典も

GMOあおぞらネット銀行の法人口座は振込手数料が最安!新設法人には特典も

2021年9月28日
ネットバンクの法人口座はメインバンクにできる?メリットとデメリットについて解説

ネットバンクの法人口座はメインバンクにできるのかどうかについて解説

2020年11月15日

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行でも法人口座の通常貯金および通常貯蓄貯金を開設することができます。

審査は比較的早く10日ほどで結果がわかります。

全国ネットワークとネットバンキングの手数料の安さが魅力ですが、ゆうちょ銀行は中小企業融資を取り扱っていませんので資金調達の相談をしたい場合は適していません。

法人口座は開設する口座の種類によって月額基本料が必要です。各種の取扱手数料も違いますので口座開設後の費用面も考慮して金融機関を検討するとよいでしょう。

会社設立後におすすめの銀行法人口座開設!ネット銀行 / メガバンク / ゆうちょ銀行徹底比較

【2021年最新】経営者がおすすめの会社設立後の銀行法人口座開設!ネット銀行 / メガバンク / ゆうちょ銀行徹底比較

2021年7月18日
サブスクリプションプログラムの振込料金とくとく会員

GMOあおぞらネット銀行法人口座のプレミアムサービス「振込料金とくとく会員」の手数料や評判について解説

2020年8月11日
法人口座 / 個人事業主 が 開設できる オススメ の ネット銀行 比較 と 違い

【経営者が選ぶ】法人・個人事業主に人気のネット銀行の振込手数料と特徴の比較

2019年4月14日

法人口座の開設方法

法人口座の開設には審査があります。個人が一般口座を開設するよりも多くの書類が必要です。

場合によっては開設できないことがあることも知っておきましょう。

必要書類

法人口座開設に必要な書類を見ていきましょう。

法人口座開設に必要な代表的な書類

  1. 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  2. 会社の定款
  3. 会社実印
  4. 会社の印鑑証明書
  5. 代表者の実印
  6. 代表者の印鑑証明書
  7. 代表者の本人確認書類(運転免許証や保険証など身分証明書)

そのほか、会社の運営実態がわかる資料など、金融機関により必要書類は異なることがありますので確認してください。

代表者が来店しない場合は委任状が必要なことがあります。

最近はネット申し込みにより来店しなくても口座が開設でき、郵送で必要書類を送付すれば手続きが進む金融機関も増えてきています。

必要書類を集めるだけでも時間がかかるものもありますので、事前にしっかりと準備しておきましょう。

銀行の法人口座が最短で開設できる日数と時間、開設が早いオススメの銀行とは

銀行の法人口座が最短で開設できる日数と時間、開設が早いオススメの銀行とは

2020年7月4日
会社設立時の銀行口座開設について審査基準や準備する書類を解説

会社設立時の銀行口座開設について審査基準や準備する書類を解説

2020年4月24日
新型コロナウイルスの影響で銀行の法人口座開設や銀行借入に与える影響とは

新型コロナウイルスが銀行の法人口座開設や銀行借入に与える影響とは

2020年4月21日

法人口座の審査について

法人口座を開設する時の審査では次のような点がみられます。

資本金が極端に少ない
事業所の実態がない
事業内容がはっきりしていない
事業計画をきちんと作成しているか
代表者の経歴 など

銀行ごとに審査基準は違いますので、メガバンクは難しくても信用金庫には法人口座を開設できる場合もあります。

審査に時間がかかることもありますので、余裕をもって手続きをした方がよいでしょう。

法人口座を作成したら口座登録してある取引先に連絡を

取引先によっては振込先口座の登録を求められることがあります。特に掛取引をしている場合は請求書に振込先口座を記載するだけではなく口座登録を求められるのが一般的です。

法人口座を開設した場合は請求書に記載する口座を変更するだけでなく、登録口座も忘れずに変更しましょう。

掛取引は取引先コードと登録口座が連動していますので請求書に記載してある口座と登録口座が不一致ですと問い合わせがきたり、振込予定日に入金されない可能性がありますので注意しましょう。

メガバンク、ネットバンク対応!銀行の法人口座開設完全ガイド

メガバンク、ネットバンク対応! 銀行の法人口座開設完全ガイド

法人口座を作るにあたってどこの銀行で作るのが良いか迷われる方も多いのではないでしょうか。

実際に私が法人口座の申込、開設をしてみた経験を元にメガバンク、ネットバンクを中心とした銀行口座開設についてまとめてみた記事もありますので参考になればと思います。

会社設立後は法人口座の利用を行おう

法人口座は一般口座より審査基準が厳しく開設までに時間がかかるのでハードルが高いと感じる方もいると思いますが、法人口座をもつことにより取引先の信用を得られ、融資の相談をしやすくなるなどのメリットも多くあります。

法人設立や個人事業主から法人成りしたときは法人口座の開設を検討してみましょう。

MBA専門の転職・人材サービス MBA JOBs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

証券会社、IT企業役員、ベンチャー企業などを経て2016年10月より独立。2017年7月株式会社Milkyways設立、代表取締役CEO。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(WBS)修士課程卒。専攻はベンチャー企業論、ベンチャー経営論。趣味はダンスとラーメン。